売れっ子ホステスに学ぶ会話術

ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること

更新日:

ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること

こんにちは、秋好玲那です。

今日は「実践型・聞き上手になるコツ」について。

実践型ですので、実践してくださいね。

読んで「勉強になります!」で満足して終わらないように(笑)​

 

 

「聞き上手は話し上手」を勘違いしているホステス多数

「聞き上手は話し上手」とよく言いますが、これを勘違いしているホステスさんが大勢います。

相手のお話を遮らず、「フンフン」「へー!」「そうなんだ!」と相槌を打ちながら聞いている

 ↓

聞き上手

と思っていませんか?

それは「相槌上手」です^^;

 

 

これはこれで、とっても重要なことなんですよ。

相槌のタイミングが悪かったり、気のない相槌を打つと、話しづらくなってしまいますからね。

ただ、ホステスが「相槌上手」で終わるわけにはいかないのです。

 

 

ホステスに必要なコミュニケーションスキルとは

会話をするのが仕事ですから、相槌が上手なだけではお話になりません。

相槌打つだけならホステスじゃなくたってできますし、受け身ですよね。

じゃあ、お話が苦手なお客様のときは、どうするの?ということになってしまいます。

お客様が話したいことを引き出して、気分よく過ごしていただくこと

これが成り立たなかったら、高いお金を払う必要ないと思いませんか?

 

 

つまり、ホステスにとって重要なスキルは相槌や傾聴ではなく、

質問力

これが大事なのです。

 

 

質問力を高めることでホステスが得られるメリット

上手にお話を引き出せるようになると、自分自身の知識や教養、価値観が広がります。

そのためには、的確な質問で的確な情報を収集できなければなりませんよね。

上手にお話を引き出せるようになると、相手に好印象を与え、人間関係がよくなります。

人は自分に興味を持ってくれる人を好きになる傾向を持っているので、当然の流れです。

つまり、あなたが売れっ子ホステスになるためには、質問力は欠かせないのです。

 

 

仕事がうまくいかなかったり、ミスが多いのは、きちんと相手の話を聴けないからです。

心当たり、ありませんか?

 

 

質問力を高めるために

ただ、短絡的に質問ばかりしていれば、不快感を与えたり尋問のようになってしまったりします。

そこで、実践に入る前に、まずは感じてみましょう。

あなたの周りにいる【聞き上手】さんは、どんなところが上手なのか、どうして上手だと感じるのか。
あなた自身はどういう聞き方をしているのか、どんな行き違いが生じやすいのか。

日常生活の中で、意識してみてください。

そこで感じたことを、メモに取っておいてもいいですね。

 

 

そのメモを定期的に見直して、すぐ実践できることをどんどん取り入れていきましょう。

最初はできなくてあたりまえなので、心折れずに続けてください。

「こういうことかな?」と実感できるまで、ひたすらやりましょう。

実感できた後からが、自分のスキルとして身についていく段階です。

ひとつのことを無意識レベルで習慣化するには、最低でも3週間かかると言われています。

実践とメモを継続しながら、ときどき方向性が間違っていないか振り返って修正しましょう。

お客様の反応が変わってくるはずです。

 

 

-売れっ子ホステスに学ぶ会話術
-, , , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2018 All Rights Reserved.