売れっ子ホステスに学ぶ会話術

ホステスが会話上手になるための必須条件

更新日:

ホステスが会話上手になるための必須条件

© ホステスの心得

こんにちは、秋好玲那です。

「何を話せばいいか」
「会話が続かない」

という点で悩むホステスさんがあまりにも多いので、

ホステスが会話上手になるための必須条件

について。

会話が続かない理由には様々な要因があり、発達障害や精神疾患などが影響している場合もあります。

その場合は対処法が異なるので、ここではそういったものを除いてメンタルやスキル面からお話しします。

 

 

会話上手になりたければ相手の話を理解すること

ホステスが会話で困る原因は、ほぼひとつ。

「相手の話を聞いてない(理解していない)」

これに尽きます。

 

 

自分がどう見られるか、嫌われないか、気に入られるか、次も来てもらえるか、お席に呼んでくださるか、拒否されたらどうしよう、褒められなかったらどうしよう、楽しんでもらえなかったらどうしよう、優しくしてもらえなかったら・・・

そんなことをグルグル思いながら「何を話そうか」ばかり考えていませんか?

その間、お客様が何を話していて、何を伝えようとしているか、理解できていますか?

「何か話さなきゃ」に必死で、しっかり理解ながら聴いているとは言い難いのでは?

しかも、良く見られようと猫かぶったり、分からないことも分かったふりで「へえ・・・」なんてごまかして流したりしてません?

 

 

それで会話が弾む方法があるなら、私が知りたいくらいです。

売れっ子でそんなこと考えながら会話してるホステスは、1人もいません。

というか、そんなホステスは売れない。

なぜなら、人の心理に相反するからです。

 

 

誰でも「自分を理解してくれる人」を好きになる

あなたもそうだと思うんですが、人って「自分を理解してくれる人」を好きになるじゃないですか。

たとえばあなたが私に「色恋はしたくない」と相談したとしますよね。

そこで、

 

REINA
ふうん
でも稼ぎたいなら色恋したほうが早いよ

 

とか言われたら、それ以上話す気もなくなると思うんですよ。

仮にそこをグッと堪えて、

「色を売るようなホステスになりたくない。私はお客様と人として付き合っていきたい」

と訴えたとして。

 

REINA
うーん
でもとりあえず今売れてないんだし、色恋やってよ
数字作ってからやりたいようにすりゃいいじゃん

 

って言われたら、お金払って損した気分になりません?

挙句の果てには、

 

REINA
売上ほしいなら言うこと聞けよ
黙ってやれよ、金ほしいんだろ

 

とかいう態度に出たら、私なら殺意通り越してもはや失笑w

 

ちなみに最後のセリフ、私が実際に言われたものです。こんなこと言うコンサル、すごくないですか?でもこんな感じの人がコンサルには多いんですよぉー(笑)

 

確かに『手っ取り早く結果を出す方法』としてのアドバイスは間違ってないけど、この人なら私の悩みを解決してくれる!とは絶対に思えないと思うんですよ。

だって、自分のやり方を押し付けてるだけで、あなたの気持ちなんか完全無視じゃないですか。

そんな人、お金払うどころか無料でも相談したくないですよね。

 

お客様も同じですよ。

『オレ』を分かってくれる人、理解しようと努めてくれる人と過ごしたい。

自分が言いたいこと・させたいことばっかりのホステスと話したってつまらないし、無料でも会いたいとは思わない。

あたりまえの心理、だと思いません?

 

 

会話が続かなくなってしまう原因

会話=キャッチボール

という言葉もあるように、受け取らないことには成立しないわけです。

せっかくお客様がボールを投げ返してくださっても、あなたがよそを向いて考え事をしていたらボールは取れません。

そのうち「投げ返してもムダだな」と思うかもしれません。

その気持ち、私よりあなたのほうが格段に共感できるはず。

 

 

だってあなたは、自分が投げたボールをお客様が無視したら傷付くでしょ?

そのあと、どんなボールを投げたらいいか分からなくなって、その場に立ちすくんでしまう勢いですよね。

だから、この記事を読んでくれている。

違いますか?

 

 

会話の仕組みはシンプル!「投げる→受け取る→投げ返す」

会話は、

投げる→受け取る→投げ返す

これが繰り返されないと成立しないわけです。

あなたが「何か話さなきゃ!」と躍起になるのは、キャッチボールじゃなくてドッヂボール。

ドッヂボールだから、お客様は当然あなたのボールから逃げるし、受け取ったら即効で味方にパスするか、あなたに力いっぱいぶつけてくるか、になります。

あなたも、当たって痛い思いをしないように逃げ続けきゃならない。

 

 

キャッチボール=会話がしたければ、

  1. あなたはお客様のボールを受け取る構えをして
  2. ボールがどう飛んでくるかを予測しながら
  3. しっかりボールを見て、
  4. しっかり受け留めて
  5. お客様がキャッチできるボールを投げなきゃいけない

これをやらない限り、進まないのは当然なんです。

「次どうやって投げようかな」なんて考える間、これをやってないから会話が続かないわけですね。

 

 

会話を続けるために今すぐ取り組むべき改善法

というわけで。

会話上手になりたければ、相手の話をしっかり聴くこと。

お客様の言ったことが分からないときは、素直に質問すればいいんです。

REINA
今のお話は
○○ということですか?
REINA
それって○○ですよね?

と質問することも、立派に会話です。

ホステスは噺家じゃないんだから、話すことばかり考えなくていいんです。

 

 

それに、あなたがどれだけ小話ネタを持っていたとしても、お客様がどういう人なのか分からないと、どのネタを話せば楽しんでもらえるかすら分からないでしょう。

それを知るためにも、まずは聴くことに集中してください。

 

 

今この瞬間からやめよう!悪しき習慣

そして、聴くことに集中するために、

何か話さなきゃ
うまいこと言わなきゃ
良く見られたい

この3つの意識は捨てること。

気持ちは分かりますが、その意識のせいであなたは話せなくなってるし、うまいことも言えないし、結果としてよく見られるどころか悪い印象を与えてしまいます。

本当に「良く見られたい」のなら「何か話さなきゃ」をやめましょう。

 

 

意識してもやめられそうにない、という場合は、

「今日会ったお客様のことを、明日私に3分間話さなきゃいけない」

と思ってください。

誰かに説明しなきゃいけない、と思うと、自然と聴くことに意識が向くはずです。

セッション中のホステスさんなら、それを実際にメールで私に送ってくださってもOKです。

 

 

会話から逃げずに、日常の中でも「この人は何が言いたいのかな?」と意識して、自分が何か言うこと・どう見られるかは一旦横に置きましょう。

場数をこなせば必ず上達しますので、あきらめずに繰り返してくださいね。

質問について知りたい方は、このあたりの記事を読むといいですよー↓

ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること
ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること

今日は「実践型・聞き上手になるコツ」について。実践型ですので、実践してくださいね。読んで「勉強になります!」で満足して終わらないように(笑)​「聞き上手は話し上手」を勘違いしているホステス多数「...

続きを見る

手を握り合う恋人
ネタのないホステスでも会話が進むちょっとしたコツ

この記事の続編ですよー↓ 売れないホステスの会話がクソになるたったひとつの理由 上記事の何がクソかというと、情緒もクソもない!という意味でもクソなんですが、オレに興味ないだろ?感がハンパない ここが最...

続きを見る

落ち込む女性
売れないホステスの会話がクソになるたったひとつの理由

夜の街へ出かけると、何度も何度も繰り返し聞かされる、拷問のようなこのトーク。今日、暑い(寒い)ですねー 夏と冬、どっちが好きですかー? 今日はお休みですかー? お休みの日は何してるんですかー? 仕事なに...

続きを見る

 

 

 

-売れっ子ホステスに学ぶ会話術
-, , , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2018 All Rights Reserved.