ホステスの心得

ホステスが悩みがちな「連絡先を聞いてもいいのか」への対処法

更新日:

本日のお題はこちらの質問から↓

このお客様には連絡先聞いていいの?

担当制のクラブと、指名制クラブやラウンジ、スナックなどでは大きく異なる部分があるので、今回はジャンル別で解説します。

 

 

ラウンジ・スナックのホステスさんの場合

原則として担当制度や指名制度がないお店が一般的なので、ここではその前提でお話しします。

もしお店に担当制・指名制がある場合は、担当制クラブまたは指名制クラブの部分を参考にしてくださいね。

 

 

<対処法1>お客様に直球で尋ねる

担当・指名制のないお店は、ポイントや売上バックがあるとしても、

ママのお客様に営業をする&ママのお客様から枝を広げる

というヘルプ的なポジションなので、連絡先を尋ねて差し支える事情があるとしたら、以下のようなケースがメインになります。

 

  1. 連絡先を教えるホステスを選抜するタイプのお客様
  2. ママにしか連絡先を教えないタイプのお客様
  3. ホステスからの連絡を毛嫌いしているお客様
  4. 嫉妬深いママの彼氏
  5. ママ自身が「連絡先を積極的に聞かなくていい」という主義

 

一番ややこしいのは、4の嫉妬深いママの彼氏(笑)

それ以外は、お客様に直球で尋ねてOKです。

 

 

連絡先を聞いてもいいのか?と考えるよりも、

お客様の気分を害さない尋ね方

に意識を向けたほうがいいですね。

そのほうが、あなた自身もムダに落ち込まずに済みます。

たとえば、

クソホステス
連絡先教えてください

と言ったら、YESかNOしか回答はないので、NOと言われたら凹むでしょ(´・ω・`)

そうじゃなく、シーンに合わせて、以下のように尋ねる。

 

ホステス
連絡先伺ってもよろしいですか?
(連絡先聞いても大丈夫?)
ホステス
差し支えなければお名刺頂戴できますか?
(名刺持ってる?もらってもいい?)
ホステス
どちらにご連絡したら差し支えないですか?
(どこに連絡したらいい?)

 

上が敬語バージョン、( )がタメ口バージョン。

あくまでも例ですが、この質問に持っていける流れを会話で作ることを心がけると良いですね。

※その会話の流れはまた別の機会に記事にします^^

 

 

<対処法2>ママや他のホステスに直球で尋ねる

何かしらの理由で連絡先を尋ねることができず、次回にもチャンスがある前提なら、

 

ママに「○○さんは連絡先を聞いても差し支えないですか?」と尋ねる
他の先輩ホステスに「○○さんって連絡先聞いても大丈夫ですか?」と尋ねる

 

上記のように、ママやお姉さんホステスに聞けばいいのです。

1人で悶々と悩んでいるより聞いたほうが早いし、お店の人に尋ねるのはタダです(笑)

よほど意地悪な人でない限り答えてくれますし、こういうふうに聞くといいよーとアドバイスをくれたりもします。

 

 

私がラウンジやスナックに勤めていたときもママやお姉さんに聞いたし、私自身も聞かれました。

その一例の会話を挙げると、こんな感じ↓

 

ホステス
REINAさん
○○さんって連絡先聞いても大丈夫な人ですか?
大丈夫よ、なんで?
教えてくれなかった?
REINA
ホステス
今日聞けなかったんです
何か聞きづらくて
ああ、顔が怖いからね(笑)
見た目怖いけど優しいよ
いつもお礼も言えないままだから
連絡先伺ってもいいですか?
って聞いたら教えてくれるよ
私からも言っておくね
REINA
ホステス
ありがとうございます!

 

お姉さんホステスに尋ねる場合は、優しそうな人を選べば聞きやすい雰囲気を作ってくれたりもします^^

 

 

指名制クラブのホステスさんの場合

指名制クラブに勤めるホステスさんの場合、個人戦なので他のホステスに協力を仰ぐというのは難しくなります。

とはいえ、ラウンジやスナックと同様に「お客様に直球で尋ねる」または「ママに尋ねる」のが基本。

そこは既に先述したので、それ以外のポイントをお話ししますね。

 

 

<対処法1>黒服に尋ねる

指名制クラブはマンツーマンが基本な上に、個人戦なのでどうしても奪い合いになりがち。

お店側も競わせるような雰囲気を出していたり、直接そういうことを言ったりもします。

仲のいいホステスがいるなら「誰と連絡を取り合っているのか」を探ってみるのも良いですが、無難な形は黒服に尋ねること。

 

誰かお気に入りのホステスがいるのか
自分が連絡先を聞くことでトラブルにならないか

 

という視点で「相談」をしてみると良いです。

担当黒服がいるなら1人で悩むより聞いたほうが早いし、黒服もがんばろうとしている担当ホステスには情報共有してくれます。

協力してもらったら、

「連絡先聞けました、ありがとうございます!」

必ずフィードバックしてくださいね。

そうすることで、次も快く協力してくれます。

※だからといって何でもかんでも頼り切らず、まずは自力でやってみることが重要ですよー

 

 

担当制クラブのホステスさんの場合

はい、ここが一番ややこしいですね(笑)

どうやら世間一般的に、セッション中の売れっ子さんや私のように、

 

REINA
いちいち許可取らなくても聞いていいよ
連絡も自由にしていいよ
トラブルがない限り報告もいらないよ

 

というクラブホステスは少ないようです(笑)

お客様が差し支えなくても、担当ホステスがキーキーうるさいと聞けませんからね( '∇')ウフフフフ

活字でどれだけ伝えられるか不安ですが、なるべく分かりやすいようにがんばってみます。

 

 

<対処法1>1回見送って担当ホステスに尋ねる

担当ホステスがどういう人か分からない場合は、当日連絡先をゲットすることは見送って、担当ホステスに確認したほうが良いです。

あとからトラブルになると、下手すると着くお席がなくなって待機時間が増えることになります。

そんな心の狭いホステスどうなんだ?と個人的には思いますが、それがマジョリティなので仕方ない(笑)

何より、

連絡先を教えてもらったのに、お礼ひとつ言えないという状況を作ると、お客様から見ればあなたが無礼なホステス

になってしまいます。

他人のせいで自分の価値が下がることは、ぜひとも避けたいところですよね。

 

 

少し余裕のある混雑具合のときなら、

 

ホステス
あのお姉さんの席は
連絡先聞いても大丈夫ですか?

 

と、席移動の際に黒服に尋ねてみてもいいですね。

メンバー以上なら、ある程度他のホステスについての情報を持っているはずです。

 

 

<対処法2>その場で担当ホステスに確認する

これは結構上級編かも、新人さんは実行する勇気が出ないかもしれません。

NOと言われたときにどう会話を切り替えるか

とセットで考えなくてはならないので大変ですが、一番手っ取り早い方法です。

 

 

やり方としては、担当ホステスと一緒にその席にいる場合に、お客様と担当ホステスに同時に聞く

・・・んですが、活字で示すとちょっとややこしい。

 

「○○さんの連絡先、伺っても」あたりまで、お客様に向かって言う

「よろしいですか?」を、担当ホステスを見ながら言う
(目線を変える、首をほんの少し向ける、チラッと見る程度でOK)

言葉を言い終わるくらいに、お客様に目線を戻す

お客様が「いいよ」「名刺持ってない」など答えている間に
もう一度チラッとお姉さんの表情を盗み見る

 

「差し支えなければお名刺いただけますか?」など、言葉が変わっても同じです。

もしお姉さんホステスが協力的なら、連絡先を教えてもらえるように具体的に協力してくれるはずです。

協力してもらったら、お店が終わったあとにお姉さんホステスにお礼を言いましょう。

特に協力もないけど否定的でもなかった、という場合にもお礼を言って、

ホステス
明日お礼の連絡をしたらまた報告します

と伝えてみてください。

その反応である程度本心が探れます。

 

 

もしお姉さんホステスがややこしい人なら、邪魔をするか、表情で示すはず。

いずれにしても気付いた時点で即座に引いて、閉店後に一言お詫びしておきましょう。

新人なら「慣れてなくてすみません」、半年以上一緒に働いてるなら「大事なお客様だと知らずにすみません」という姿勢で。

この結末に至るケースも想定して、その後どこに会話を持って行くか、2~3つほど用意しておくこと必須です。

 

REINA
このやり方で
お姉さんにNOと言わせない裏技
もありますが長くなったので別記事にします(笑)

 

 

こういうお姉さんの場合はどうする?など具体的な質問だと、もう少しピンポイントで回答できますが、今日はここまで♪

ちゃんみろさんからいただいた質問への回答記事は、以下もあります↓

売れっ子ホステスの営業スケジュールをこっそり公開します
売れっ子ホステスの営業スケジュールをこっそり公開します

今回はtwitterでいただいた質問「クラブでお名刺頂いてお手紙を送るのはいいとしてその後どうするのか?」について。本当に基本的な事なのですが、キャバは新規のお客様とマンツー接客で連絡先交換もよ...

続きを見る

時計とお金
ライバルには教えたくないホステスの売上UP法

先日は営業に関する年間スケジュールについてお話ししたので(この記事ね) 売れっ子ホステスの営業スケジュールをこっそり公開します この流れで、今日は売上計画について。安定した状態で売上を上げるポイントは...

続きを見る

ちゃんみろさん
いつもありがとうございます^^
REINA

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴9年目に突入しました。プライベートではMダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好き。音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)で最近はどっぷりドラムにハマッています♪

-ホステスの心得
-, , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2018 All Rights Reserved.