OPEN|どなたでも読めます

「お金を稼ぎたい」程度の気持ちではホステスは売れない

更新日:

こんにちは、ホステス専門アドバイザーREINAです (`・ω・´)キリッ

目次はこちら^^

 

稼ぎたくてホステスになったのに稼げない!?

「稼ぎたい」という思いでホステスという仕事を選んだ人も多いかと思います。

でも実際に仕事をしてみると、思ったほど稼げない。

・・・どころか、結構経済的にしんどいぞ!?と感じた人が大半ではないでしょうか。

 

なぜホステスが稼げる業界だと思われるのか

私の同業者(ホステスを相手にコンサルしている人)のほとんどは「稼げます」と言うと思います。

派遣会社や紹介会社、スカウトマンも「稼げます」と言うはずです。

なぜなら、そう言わないとその人たちが稼げないからです。

求人でも「稼げる」と思わせる記載がありますが、そう書かないと女の子が面接に来ないからです。

もちろん本当に稼げるようにサポートしてくれる人たちもいますよ、それは確かです。

ただ、心理作戦に基づいて使われるそういう言葉と、パッと見の額面の大きさで「稼げる」というイメージがついているのは事実ですね。

 

額面だけで言えば「稼げまっせ!!」と言える

額面だけでいいのであれば、私も「稼げるよ!」と言えます。

だって、10代や20代で何のスキルも実績も経験もない女性が、いきなり30万円以上のお金を受け取れるんですよ?

しかも学歴も職歴も、身元も保証人も、なーんにもいらない。

同年代の一般業の女性で、あなたと同じ金額で、同じ生活レベルで、同じ短時間労働(お店に出る時間)の人はいないでしょ?

下手すると、中小企業で役職を持つ女性会社員より年収高い可能性もありますよね。

そこと比べれば、確かに稼げますね。

 

あなたが思っているほどホステス業は稼げません。

元も子もないやんけ・・・な回答ですが。

残念ながら、ホステス業はあなたが思っているほど稼げません。

特に、月々100万円以下の手取り報酬なら、稼いでいるうちに入りません。

月収70~80万円くらいあるとお金に悩む生活ではないので、目先の生活面だけ見れば、まあ何となく稼げている気分になれるでしょう。

でも年収で言えば1千万円超えないレベルですから「稼いでいる」とは言えません。

なぜなら、あなたは「雇われている」のではなく「事業主」だからです。

 

本気で稼ぎたいなら「事業主」という自覚を持つ

あなたが本当に『稼ぐ』という点を重視しているなら。

会話スキルや営業方法以前に事業主としての自覚を持つことです。

いいですか。

あなたは、もうすでにひとつの事業を運営している経営者です。

ここが分からない以上、一生稼げません。

 

ホステスの報酬は経費込、全額お給料ではありません

あなたが手にする月々の報酬は、経費込の金額です。

だから、会社員よりも額面が高いのです。

それを肌感覚でしか理解していないので、実際の経費概算もできないから、稼げているような錯覚に陥って満足しちゃうんですよね。

仮に銀座ホステスで日当2万クラスだと、実質は会社員と変わらない生活レベルのはずです。

仕事&生活にかかるお金を除けば、自由に使えるお金はほとんど残らないでしょう。

じゃあ保障給が上がったら稼げる、と思うのが「雇われ感覚のホステス」の発想。

保障給が上がるようなら、必然的に経費も上がりますよ?

事実、手取りは100万円以上あるのに全然お金が残らない!というホステスは大勢います。

お給料感覚でお金を見ていると、報酬300万円でもお金が残らない!って事態になりますね。

 

保障給は「ホステスとしての価値」を数値化したもの

保障給というのは、現時点でのあなたの「ホステスとしての価値」を数値化したものです。

これを理解せずにお店を探すと、保障給が想像以下で全然稼げないじゃん!という気持ちになります。

でもそれは、あなたの現状がその金額なので、仕方がない。

この業界は実力社会なので、何もできない、何も持たない、いるだけでお金を生むほどのものもないとなれば、当然に保障給は低くなります。

それを棚に上げて「保障給が安い」と言われても、どうにもなりません。

もしその状態で保障給を上げたいなら、色恋、枕、毎夜強制アフター、朝まで酒盛り、お店では飲み要員としてガンガン飲んでください!という生活をするしかありません。

でも、そこまでしても大して上がらないですよ、売上を上げることができない限りは。

事業主ですから、受け取ったお金を軍資金として「どう増やすか」を考えられない限り、稼げません。

ここをしっかり理解して、お金に対する考えを改めるほうが先です。

 

まとめ

というわけで、本記事のまとめ。

  • ホステスは周りが思うほど稼げる業界ではない
  • 経費込の報酬だから額面だけ見れば稼げてる気がするだけ
  • 経営者である自覚を持ってお金に対する考え方を改める

自分が事業主(経営者)である自覚を持って、お金に対する考え方を改めると、自分に足りないものが見えてきます。

単純に考えれば、あなたが月に100万円は最低ほしい!と思うのであれば。

今のあなたを見て、100万円を自腹切ってでもほしい!

とあなた自身が思えるホステスになればいい、ということです。

・・・って言うのは簡単だけど、そうなるのは大変(笑)

だからこそ売れるホステス・売れないホステスに分かれるのですね。

ぜひあなたも「稼げるホステス」の仲間入りを果たしてください!

 

よかったら以下の記事も参考にしてみてね^^


「ホステスが稼ぐ」ってどういうこと?

本日は、お金について。「稼ぐ」とはどういうことなのかについて、具体的な数字を交えてお話しします♪ホステス業って想像以上に稼げないでしょ?(笑)あなたもお気付きと思いますが、ホステスって、外野が想...

続きを見る


 

「お金について」タグ関連記事

鏡の前に立つ女性

メンバー限定

「ホステスはスキルや見た目じゃない」を示してくれた最強の売れっ子

「お金ってどうやったら減るの?」が一番の悩みだった売れっ子ホステスさんのお話です。

売掛は誰の責任?経験から思う飛ばれないための事前対策

メンバー限定

売掛は誰の責任?経験から思う飛ばれないための事前対策

売掛責任を負うということ、飛ぶ人の心理、飛ばれたときの対処法&飛ばれないためのアドバイスを解説。

ナンバーワンホステスに共通する特徴

メンバー限定

ナンバーワンホステスに共通する特徴

ナンバーワンホステスに共通する特徴と「ナンバーワンホステスは○○だ」という世間の誤解を解説。

>>>一覧はこちら

もう「間違ったがんばり方」はやめませんか?


今さら聞けない
ホステスの基本、
教えます。

ピンポイントのお悩みに応える
超シンプルセッションがスタート!

30分¥5,000(税別)

詳しくはコチラ

1日360円で売れっ子ホステスに!


1年後に差がつく
ホステスの心得座学

「即結果になって驚いた」
「今までの悩みは何だったんだろうと驚愕です」
「ホステスってこんなに楽しい仕事なんですね」

現役ホステスさんから喜びの声が続々届いています。
あなたもここから始めてみませんか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴9年目に突入しました。プライベートではMダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好き。音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)で最近はどっぷりドラムにハマッています♪

-OPEN|どなたでも読めます
-, , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2019 All Rights Reserved.