OPEN|どなたでも読めます

安否のあいさつ|ご清祥

更新日:

こんにちは、秋好玲那です。

この記事では「ご清祥」を使った安否のごあいさつ文をご紹介します。

すべて「■■様」と個人名で使えるように作ってありますが、

個別に手書きで出す→■■様
印刷で全員同じ文章を出す→皆様

と思っていただければOKです。

 

 

「ご清祥(ごせいしょう)」の意味と使い方

「ご清祥」という言葉には、以下のような意味があります。

  1. 手紙文で、相手が幸福に暮らしていることを祝う意で用いる語。
  2. 名詞「清祥」に、接頭辞「ご」がついたもの。

weblio辞書より転載

あなたが幸せで嬉しい、きっと幸せに過ごしてくれているよね、といった意味合いで使います。

たとえば「■■様におかれましては一段とご清祥とのこと、お慶び申し上げます。」をタメ口にすると、

■■さんがより幸せに暮らしてると聞いて、嬉しく思ってるよー!

という意味になります。

なので、幸せとは言い難い状況や、常に悲観的な性格のお客様に使うときは要注意!ということです^^;

 

 

「一段と」を使った例文

「一段と」という言葉には、以下のような意味があります。

他と比べた場合にはっきりと相違があるさまを表す表現。特別に。格別に。

weblio辞書より転載

 

一段とご清祥とのこと

  • ■■様におかれましては一段とご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご清祥の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましては一段とご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご清祥のことと

  • ■■様におかれましては一段とご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のことと存じます。
  • ■■様には一段とご清祥のことと存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のことと拝察致しております。
  • ■■様には一段とご清祥のことと拝察致しております。

 

一段とご清祥のご様子

  • ■■様におかれましては一段とご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご清祥の段

  • ■■様におかれましては一段とご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご清祥の由(よし)

  • ■■様におかれましては一段とご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

「いよいよ」を使った例文

「いよいよ」という言葉には、以下のような意味があります。

  1. 前よりも程度がはなはだしくなるさま。ますます。
  2. その時期がついにやって来たさま。とうとう。
  3. その時期が迫っているさま。
  4. どちらともいえなかった物事が確実になるさま。確かに。ほんとうに。
  5. ついに、とうとう、ますます、などの意味の表現。

weblio辞書より転載

 

いよいよご清祥とのこと

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご清祥の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご清祥のことと

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のことと存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のことと拝察致しております。
  • ■■様にはいよいよご清祥のことと拝察致しております。

 

いよいよご清祥のご様子

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご清祥の段

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご清祥の由(よし)

  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

「その後」を使った例文

「その後」という言葉には、以下のような意味があります。

ある出来事が起こってから後の時間を広く指す表現。以後、それから、それから後などとも言う。直後の短い時間を指すこともあれば、広範囲の後の時間を指すこともある。

weblio辞書より転載

 

その後ご清祥とのこと

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご清祥の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご清祥のことと

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のことと存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のことと拝察致しております。
  • ■■様にはその後ご清祥のことと拝察致しております。

 

その後ご清祥のご様子

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご清祥の段

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご清祥の由(よし)

  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

「なお一層」を使った例文

「なお一層」という言葉には、以下のような意味があります。

「なお」(尚)も「いっそう」(一層)も、程度がより甚だしくなるさまを表す表現。程度が増すことを強調した表現。「より一層」なども同様。

weblio辞書より転載

 

なお一層ご清祥とのこと

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご清祥の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご清祥のことと

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のことと存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のことと拝察致しております。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のことと拝察致しております。

 

なお一層ご清祥のご様子

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご清祥の段

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご清祥の由(よし)

  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

「ますます」を使った例文

「ますます」という言葉には、以下のような意味があります。

以前より程度がはなはだしくなるさま。なおいっそう。ますます(益々、増す増す)の慣用的な表記。

weblio辞書より転載

 

ますますご清祥とのこと

  • ■■様におかれましてはますますご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご清祥の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはますますご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご清祥のことと

  • ■■様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のことと存じます。
  • ■■様にはますますご清祥のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のことと拝察致しております。
  • ■■様にはますますご清祥のことと拝察致しております。

 

ますますご清祥のご様子

  • ■■様におかれましてはますますご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご清祥の段

  • ■■様におかれましてはますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご清祥の由(よし)

  • ■■様におかれましてはますますご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご清祥の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご清祥の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

売れっ子ホステスの心得座学

年商1億の元No.1ホステスの
ノウハウやメゾットをすべて学べる!

「売れっ子ホステスになるための心得」「安定した売上のつくり方」「低コストで高利益を上げる方法」「色恋防止に役立つお礼状の書き方」「響くメール文のつくり方」「メールやお手紙で使える定型・オリジナルの例文一覧」「アフターは行きたいときしか行きません!でも売上を上げていける秘訣」「良質なお客様が喜ぶおもてなし」など、ホステスに役立つノウハウやメゾットを週に3~4記事UP!

↓ ↓ ↓

ホステスの心得座学バナー

 

シャンパンアイコンこの記事を書いた人

管理人REINA(秋好玲那)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。

Mダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好きです。

 

 

-OPEN|どなたでも読めます
-, , , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2018 All Rights Reserved.