飲めないけどナンバーワン

飲めないけどナンバーワン
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

夜の仕事=お酒!
水商売=お酒!
ホステス業=お酒!

「お酒が飲めないと仕事にならない!」

・・・と言われる職業ですが、
私は1滴も飲めません。

でも、ナンバーワンホステスでした。

飲めないお酒を飲まされる悩みもなく、
『飲めない=売上が上がらない』という
壁にもぶつかったことはありません。

そうです。

お酒を飲めなくても夜の仕事はできるし
ナンバーワンにもなれるのです。

実際に「飲めないホステス」が
どうやって仕事をして
どう売上を出しているか?

について少し触れたいと思います。

1滴も飲めないホステスだった私の場合

私が現役だったのは昔の話なので、
「へえ~!昔はこうだったんだ!」
くらいの気持ちで読んでください(笑)

結論から言うと、私は
死ぬほど烏龍茶を飲んでました!!

毎日毎日烏龍茶で胃が荒れまくるので
正確には『烏龍茶の水割り』です。

一見、ウイスキーの水割りに見えますw

それでも1日当たり最低でも
2リットルは飲んでましたねー。

私が勤めていたお店&経営していた
お店は、烏龍茶は無償提供して
いたので、無料。

つまり、2リットルでも1リットルでも
飲んでも飲まなくても売上はゼロ。

私の売上は、

  1. 席料
  2. サービス料
  3. お客様が入れてくださるボトル
  4. お客様がおろしてくださるワインやシャンパン
  5. お酒が好きなヘルプちゃん達が飲みたがるビールやカクテル

この5つで成り立っていました。

お酒が飲めない現役売れっ子ホステスちゃんの場合

私のクライアントで「お酒が好き!」と
いうホステスはかなりレアなほう。

ほとんどが飲めないか、
多少は飲めるけど飲みたくない、
というホステスさんが多いです。

飲めない売れっ子ちゃんたちは
現場でどうしているかというと。

  1. ノンアルコールビールをオーダー
  2. ノンアルコールカクテルをオーダー
  3. ウーロンハイと偽って烏龍茶をオーダー
  4. グラスワインと偽ってぶどうジュース
  5. どうしても避けられないときは超~極薄の水割りかソーダ割(ハイボール)で乾杯程度に口をつける
  6. キープボトルはお客様にガンガン飲んでいただけるよう会話を盛り上げる!笑

といった形でしのいでいます。

全部が売上に繋がっていくので
問題ないですね。

シャンパンやワインが
フルボトルでおりた場合は
乾杯程度に口をつけるそうです。

でも基本的には、ほぼ飲みません。

特定のお酒だけが飲めない、
という場合はお客様に伝えて
避けている子もいます。

飲めないホステスが絶対に忘れてはいけない心得

再度結論を言えば、

「お酒を飲めなくても夜の仕事は可能」
「お酒を飲めなくても売上上昇も可能」

です。

実際には売れれば売れるほど、
そんなにお酒飲んでいられませんし。

入店時から
「飲めません」と伝えて入るし、
飲めるフリなんかも一切しません。

少しでも飲めると思われたら最後、

「飲んでいれば飲めるようになる」

という謎の理屈を強いられるので
言いません笑

特に私は倒れてしまうので
どんなに嫌われても絶対飲みません。

そのせいで外されるお席があったり、
働けないお店があったり・・・
はありました。

でも、私は気にしませんでした。

飲めないものは飲めない、
しょうがない。

それに、ガンガン飲んでる子達よりも、
1滴も飲まない私のほうが何倍も売上は
良かったわけですから。

飲まないと売上にならないという理屈は
私には一切分かりません。

『飲まないと売上にならない=
飲む以外に能がない、
飲む以外の努力をする気はない』

としか聞こえません。

ただお店が
「飲まないと売上にならない」
と言い張ることはある。

移籍したら良いです、そんなお店は。

ただし、
これだけは忘れないでください。

あなたに代わって誰かが必ず
あなたの分までお酒を飲んでいます。

あなたにできないことを
誰かが担ってくれていることだけは
絶対に忘れてはいけません。

謙虚さを忘れたら「飲めない」以前に
「人としてそれはどうなんですか?」
という話になってしまいます。

飲めない分、
あなたはあなたにできることで
周りの女性をフォローしてください。

まとめ

まとめると、

  • お酒が飲めなくても夜の仕事はできます
  • やり方はお店によっていろいろ考えていけます^^
  • 自分の代わりに誰かが飲んでいることは絶対に忘れずに!!

です。

いずれにしてもお酒は嗜好品であり
互いの関係性を深めるツールです。

飲めないなら飲めないなりに、
できることはたくさんあるはずです。

その『できること』を
ひとつでも増やしていきましょう。

お酒が飲めないホステスさんは、

「1滴もお酒を飲めないホステス」だった私が考えていたこと

も合わせて読んでみてくださいね。

 

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,545 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧