【到着日別】11月上旬に使える時候の挨拶例文まとめ

【到着日別】11月上旬に使える時候の挨拶例文まとめ
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスがお手紙営業で使える、11月上旬の時候の挨拶一覧です。

  • お客様に届く日
  • お客様が住んでいる地域の気候状況

で選ぶと、失敗なく選択しやすいと思います。表現の硬いものはビジネス向けなので、節目のご挨拶など向きです。

表現のやわらかいカジュアルな文章は、メールやLINEメッセージ、SMSなどのお伺い連絡でも使えます。頭語は以下から選んでくださいね。

11月1日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 秋麗の折、
  • 秋麗の候、
  • 秋麗のみぎり、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 清秋の折、
  • 清秋の候、
  • 清秋のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月2日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 秋麗の折、
  • 秋麗の候、
  • 秋麗のみぎり、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 清秋の折、
  • 清秋の候、
  • 清秋のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月3日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 秋麗の折、
  • 秋麗の候、
  • 秋麗のみぎり、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 清秋の折、
  • 清秋の候、
  • 清秋のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月4日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 秋麗の折、
  • 秋麗の候、
  • 秋麗のみぎり、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 清秋の折、
  • 清秋の候、
  • 清秋のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月5日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 秋麗の折、
  • 秋麗の候、
  • 秋麗のみぎり、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 清秋の折、
  • 清秋の候、
  • 清秋のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月6日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も終わりのころとなりました。
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • 末枯野美しき晩秋の候、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 晩秋の折、
  • 晩秋の候、
  • 晩秋のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月7日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 鮮やかな紅葉の候、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 小夜時雨にて潤うこのごろ、
  • 暦の上では冬となりました。
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 初冬の折、
  • 初冬の候、
  • 初冬のみぎり、
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 冬の初めの時期となりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • 孟冬の折、
  • 孟冬の候、
  • 孟冬のみぎり、
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 立冬の折、
  • 立冬の候、
  • 立冬のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月8日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 小夜時雨にて潤うこのごろ、
  • 暦の上では冬となりました。
  • 暦の上では冬となりましたが、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 初冬の折、
  • 初冬の候、
  • 初冬のみぎり、
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 冬の初めの時期となりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • 孟冬の折、
  • 孟冬の候、
  • 孟冬のみぎり、
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 立冬の折、
  • 立冬の候、
  • 立冬のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月9日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 小夜時雨にて潤うこのごろ、
  • 暦の上では冬となりました。
  • 暦の上では冬となりましたが、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 初冬の折、
  • 初冬の候、
  • 初冬のみぎり、
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 冬の初めの時期となりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • 孟冬の折、
  • 孟冬の候、
  • 孟冬のみぎり、
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 立冬の折、
  • 立冬の候、
  • 立冬のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

11月10日着予定

  • 秋が深まり、夜の寒さが強まってまいりました。
  • 秋も一段と深まり、
  • 秋も暮れるころとなりました。
  • 鮮やかな紅葉の季節となり、
  • 朝夕の寒気が身にしみる時節となりました。
  • 朝夕はひときわ冷え込むようになりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む季節となりました。
  • 朝夕ひときわ冷え込む時節、
  • あでやかな錦繍の日々も過ぎ、
  • あでやかな錦秋の日々も過ぎ、
  • うららかな菊日和が嬉しい昨今、
  • 追々寒さに向かいますが、
  • 街路のいちょうもすっかり黄金色に色づきました。
  • 気がつけば日脚もめっきり短くなり、冬の訪れを感じております。
  • 木々の葉も見事に色づく季節となりました。
  • 菊薫る折、
  • 菊薫る候、
  • 菊薫るみぎり、
  • 菊の花の香り高い季節となりました。
  • 菊の花の香り高い季節を迎え、
  • 季秋の折、
  • 季秋の候、
  • 季秋のみぎり、
  • 菊花薫る季節、
  • 菊花の折、
  • 菊花の候、
  • 菊花のみぎり、
  • 錦秋の折、
  • 錦繍の折、
  • 錦秋の候、
  • 錦繍の候、
  • 錦秋のみぎり、
  • 錦繍のみぎり、
  • 草木の露も霜へと変わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
  • 向寒の折、
  • 向寒の候、
  • 向寒のみぎり、
  • 木枯らしが身に染みる今日このごろ、
  • 小春日和に喜びを感じる向寒の段、
  • 小春日和の今日このごろ、
  • 小夜時雨にて潤うこのごろ、
  • 暦の上では冬となりました。
  • 暦の上では冬となりましたが、
  • 残菊の折、
  • 残菊の候、
  • 残菊のみぎり、
  • 霜が朝日にキラキラと溶けていく様子に清々しい一日の始まりを感じる初霜の候、
  • 霜が降りるほど寒さが増してまいりました。
  • 秋気いよいよ深く、
  • 初雪の便りが届くころとなりました。
  • 初冬の折、
  • 初冬の候、
  • 初冬のみぎり、
  • 知らぬ間に吐く息もすっかり白くなってまいりましたが、
  • 深秋の折、
  • 深秋の候、
  • 深秋のみぎり、
  • 深冷の折、
  • 深冷の候、
  • 深冷のみぎり、
  • 霜寒の折、
  • 霜寒の候、
  • 霜寒のみぎり、
  • 霜秋の折、
  • 霜秋のみぎり、
  • 霜秋の候、
  • 大気が冷たくなり寒さが深まってまいりました。
  • 手袋の恋しい季節になり、
  • 肌寒い日が続きますが、
  • 肌寒さが身にしみる冬隣、
  • 初霜が降りるころとなりました。
  • 初霜の折、
  • 初霜の候、
  • 初霜のみぎり、
  • 日毎に寒気加わる時節となりました。
  • 日ごとに寒さが身にしみるころとなってまいりましたが、
  • 陽だまりが恋しい季節となりましたが、
  • 日に日に秋が深まり、露寒の季節となりました。
  • 日増しに寒くなってまいりました。
  • 日増しに寒さもつのり、
  • 吹く風に冬の到来を感じるこのごろ、
  • 冬の息吹を感じるころとなりました。
  • 冬の初めの時期となりました。
  • 暮秋というにふさわしい気候となってまいりました。
  • 暮秋の折、
  • 暮秋の候、
  • 暮秋のみぎり、
  • 本年も山茶花がいっせいに咲きだす季節が巡ってまいりました。
  • めずらしくおだやかな小春日和が続いております。
  • 孟冬の折、
  • 孟冬の候、
  • 孟冬のみぎり、
  • ゆく秋の感慨も深く、
  • ゆく秋の寂しさ身にしみるころ、
  • 夜寒の折、
  • 夜寒の候、
  • 夜寒のみぎり、
  • 立冬の折、
  • 立冬の候、
  • 立冬のみぎり、
  • 冷雨の折、
  • 冷雨の候、
  • 冷雨のみぎり、
  • 冷気日ごとに加わり、

 

時候の挨拶が決まったら、安否の挨拶を選びましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,055 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧