ホステスとして実践したい!美味しいお酒の作り方

ホステスとして実践したい!美味しいお酒の作り方
ホステスの接客

こんにちは。銀座ホステス水野です。

水商売を始めたときに、黒服からちゃんとお酒の作り方を教えてもらいましたか?私は、記憶にないんですよね(笑)

「やりながら覚えましょう!」と、すぐにホールに出されたような。ときには失敗しながら働き、学んでいきました。

今回は、お席で実践したい、美味しいお酒の作り方の基本です。

美味しい水割りの作り方とは?

グラスに氷をたっぷり入れる

文字通り、たっぷりです。かき混ぜる過程で溶けてしまうので、グラスから少しはみ出るくらいまで入れてしまっても大丈夫です。

でも、あんまりはみ出させてしまうと、さすがに溶け切らないので注意(笑)

このあたりは、やっていくと「これはさすがに多いな」と、感覚がつかめてきます。

お酒を入れる

基本は、よく言われるのが指2本分。40cc程度です。これは、アルコール40度以上のウイスキーなどの場合です。

焼酎は、大体25度前後なので、もう少し入れても大丈夫。「焼酎6:水4」が黄金比とされています。

一見濃いように感じますが、これで大体、日本酒やワインと同じ15度前後です。

ですが、お客様によってお好みもあるので、初めて着くお席では、お好みの濃さ薄さを聞ければベスト。

現場で見てて思うのが、お酒をあまり飲みたくない、または苦手なホステスは、お客様の水割りを作るときも、お酒の量が少なすぎてお客様から、

 

お客様
お客様
もっと入れてもいいよ

 

と指摘され、酒豪ホステスは入れすぎてしまい、

 

お客様
お客様
うわっ!濃っ!

 

と言われてしまうこと(笑)無意識に自分の好みを投影させずに、お客様の好みに合わせられるようにしましょう。

ミネラルウォーターを注ぐ前に、マドラーでよくかき混ぜる

大事なポイントとして、最初にお酒と氷を混ぜてよく冷やすこと。

ウイスキーの温度と、氷、ミネラルウォーターが一定の温度で揃うことで、美味しさが引き立ちます。

これをやった水割りと、やっていない水割りと飲み比べると、違いがよくわかりますよ。

大手酒類メーカーの社員さんから、「13回半かき混ぜる」と、ご指導いただいたこともあります。

グラスとお酒をしっかり冷やすことで、飲んでるあいだに氷が溶けず、薄まりにくくなり、最後まで美味しく飲めます。

氷を追加

溶けてしまった分は、氷を追加します。このときに入れすぎてしまうと、飲みにくくなってしまうので注意。

ミネラルウォーターを入れる

グラスの9割ぐらいまでを目安に。

マドラーでかき混ぜる

氷が溶けて薄まらないように、3回程度混ぜます。これで出来上がり!

美味しいハイボールやお湯割りの作り方とは?

ハイボールの作り方

近年人気の、ハイボール。飲んでいるお客様もとても多いです。「ウイスキーは水割りよりも、ハイボール派の方が多いのでは?」と思うほど。

ハイボールを作るときの大きなポイントは、2つ。

  • 炭酸の気泡を潰さないように、グラスの縁からそっと注ぐ
  • マドラーを縦に入れ、底の氷を浮かせるように混ぜる

よく、水割りと同じようにグルグルかき混ぜるホステスがいますが、それでは炭酸が抜けてしまいます。これはやめましょう。

マドラーで一混ぜするだけで、十分。

本当は、最初にグラスに氷をたっぷり入れて、よくかき混ぜてグラスを冷やして、氷が溶けて底にたまった水を捨てててから、ウイスキーを注いで作ったほうが、氷の水で薄まらず美味しいのですが、なかなかそこまでやる時間はありません。

なので、ときどきスペシャル感を出すために、

 

美味しいハイボールの作り方を知ってるんだ〜

 

と言って、このように作ったりもしています。

お湯割りの作り方

絶対守っていただきたいことは、お湯を先に入れること。私は、最初これを知らなかったので、ずいぶんと恥をかいてきました(笑)

先にお酒を入れてしまうと、アルコールが一気に揮発して、ツンとした香りが立ちます。

お湯を先に入れることによって、お酒の香りがフワッとする、ベストな状態に。お湯とお酒が自然と攪拌されるので、マドラーもいりません。

使ったとしても、1回まぜるだけで十分。もしもお湯が熱々だった場合、お客様に伺って、氷を1個だけ入れて、飲みやすくしてあげてもいいかもしれません。

ボトルのラベルはお客様へ向ける

これも、基本中の基本ですが、ボトルのラベルは、お客様に向けて置きます。

お客様のボトルを粗末に扱うことは、そのお客様を粗末に扱っている、ということ。あちこちに向けないようにしましょう。

そして。お酒を注ぐときはラベルを上にして、必ず両手で行いましょう。このときに指は広げずに、閉じて揃えると美しいです。

これらは、ある程度働いていると、もう無意識で行っていることですが、ときどきお客様から、

 

お客様
お客様
へー、ちゃんとラベルを上にして注ぐんだ

 

と言われることがあります。お客様は案外見ているんだな、と思いました。

まとめ

  • 美味しい水割りはお酒と氷でよく混ぜることがポイント
  • ハイボールは混ぜすぎない、お湯割りはお湯が先
  • ボトルのラベルまで気を配れるように

お酒をより美味しく提供できるように、練習してみてくださいね!

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

水野 (銀座ホステス)

20,653 views

とある銀座クラブでホステスをしています。ホステス歴は10年くらいです。玲那さんとはアメブロ時代からのご縁で、かれこれ7年くらいお付き合いをいただいています。...

プロフィール

関連記事一覧