【安否のご挨拶】「ご隆昌」を使った例文、読み方や意味など

この記事では、
安否のご挨拶(お伺い)に使われる

ご隆昌

という言葉の意味や読み方などの解説と
例文集を掲載しています。

お手紙を書く際はもちろんのこと、
会社へ送るメールや請求書の一筆などで
お役立ていただけますと幸いです^^

 

「ご隆昌」の読み方や意味

この項目では
「ご繁栄」という言葉自体について
解説します。

 

「ご隆昌」の読み方

「ごりゅうしょう」と読みます。
「御隆昌」と書く場合もあります。

 

「ご隆昌」の意味

御隆昌/ご隆昌(ごりゅうしょう)

「隆昌」の丁寧な表現。手紙や挨拶などで相手の非常に栄えていることを祝う時に用いる。

引用元
「ご隆昌(ごりゅうしょう)」の意味や使い方 Weblio辞書
ご隆昌|Weblio辞書

「隆昌」の丁寧な表現。Weblio国語辞典では「ご隆昌」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説して ...

続きを見る

隆昌(りゅうしょう)

非常に栄えること。勢いのさかんなこと。隆盛。 「国家-の気運」

引用元
隆昌とは - Weblio辞書
隆昌|Weblio辞書

「隆昌」の意味は勢いの盛んなこと。Weblio国語辞典では「隆昌」の意味や使い方、用例、類似表現など ...

続きを見る

 

「ご隆昌」の使い方

ホステスが使う場合には、

あなたのビジネスがうまくいっていて嬉しい

といった意味合いで使います。たとえば、

■■様におかれましては一段とご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。

をタメ口にすると、

■■さんのお仕事が
よりうまくいってると聞いて
嬉しく思ってるよ!

という意味になります。

なので、
事業があまりうまくいっていないお客様に
使わないほうが良い、ということです。

 

「ご繁栄」の例文集

この項目では「ご隆昌」を使った安否のごあいさつ文をご紹介します。

すべて「■■様」と個人名で使えるように作ってありますが、

個別に手書きで出す→■■様
印刷で全員同じ文章を出す→皆様

と思っていただければOKです。

 

「一段と」を使った例文

「一段と」という言葉には、以下のような意味があります。

他と比べた場合にはっきりと相違があるさまを表す表現。特別に。格別に。

weblio辞書より転載

 

一段とご隆昌とのこと

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご隆昌の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご隆昌のことと

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のことと存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌のことと存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のことと拝察致しております。
  • ■■様には一段とご隆昌のことと拝察致しております。

 

一段とご隆昌のご様子

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご隆昌の段

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

一段とご隆昌の由(よし)

  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様には一段とご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましては一段とご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様には一段とご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

「いよいよ」を使った例文

「いよいよ」という言葉には、以下のような意味があります。

  1. 前よりも程度がはなはだしくなるさま。ますます。
  2. その時期がついにやって来たさま。とうとう。
  3. その時期が迫っているさま。
  4. どちらともいえなかった物事が確実になるさま。確かに。ほんとうに。
  5. ついに、とうとう、ますます、などの意味の表現。

weblio辞書より転載

 

いよいよご隆昌とのこと

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご隆昌の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご隆昌のことと

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のことと存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のことと拝察致しております。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のことと拝察致しております。

 

いよいよご隆昌のご様子

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご隆昌の段

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

いよいよご隆昌の由(よし)

  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはいよいよご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはいよいよご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

「その後」を使った例文

「その後」という言葉には、以下のような意味があります。

ある出来事が起こってから後の時間を広く指す表現。以後、それから、それから後などとも言う。直後の短い時間を指すこともあれば、広範囲の後の時間を指すこともある。

weblio辞書より転載

 

その後ご隆昌とのこと

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご隆昌の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご隆昌のことと

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のことと存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のことと拝察致しております。
  • ■■様にはその後ご隆昌のことと拝察致しております。

 

その後ご隆昌のご様子

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご隆昌の段

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

その後ご隆昌の由(よし)

  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはその後ご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはその後ご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

「なお一層」を使った例文

「なお一層」という言葉には、以下のような意味があります。

「なお」(尚)も「いっそう」(一層)も、程度がより甚だしくなるさまを表す表現。程度が増すことを強調した表現。「より一層」なども同様。

weblio辞書より転載

 

なお一層ご隆昌とのこと

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご隆昌の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご隆昌のことと

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のことと存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のことと拝察致しております。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のことと拝察致しております。

 

なお一層ご隆昌のご様子

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご隆昌の段

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

なお一層ご隆昌の由(よし)

  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはなお一層ご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはなお一層ご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

 

「ますます」を使った例文

「ますます」という言葉には、以下のような意味があります。

以前より程度がはなはだしくなるさま。なおいっそう。ますます(益々、増す増す)の慣用的な表記。

weblio辞書より転載

 

ますますご隆昌とのこと

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌とのこと、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌とのこと、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌とのこと、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌とのこと、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご隆昌の趣(おもむき)

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の趣、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の趣、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の趣、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご隆昌のことと

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のことと心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のことと存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌のことと存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌のことと大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のことと謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のことと拝察致しております。
  • ■■様にはますますご隆昌のことと拝察致しております。

 

ますますご隆昌のご様子

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のご様子、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のご様子、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌のご様子、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌のご様子、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご隆昌の段

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の段、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の段、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌の段、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の段、謹んでお慶び申し上げます。

 

ますますご隆昌の由(よし)

  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の由、お慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の由、心よりお慶び申し上げます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様にはますますご隆昌の由、大慶至極に存じます。
  • ■■様におかれましてはますますご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。
  • ■■様にはますますご隆昌の由、謹んでお慶び申し上げます。

 

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

-ホステスの心得|OPEN
-, , , , , , , , ,

© 2020 ホステスの心得