他のホステスと差をつける、精度を上げる…( ̄-  ̄ ) ンー

他のホステスと差をつける、精度を上げる...( ̄-  ̄ ) ンー
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

この記事は、『信頼関係とは何か、良いお客様とは何か』の続編です。

ご回答ありがとうございます。初めのお礼の連絡で何を伝えるか、どう伝えるかに焦点をしぼって他のホステスに差をつける、と考えて間違いないでしょうか。

自分では気づかなかったであろう課題に気づけて嬉しいです。他にも色々と課題 ありますが、1つ1つ精度を高めていきたいと思います!

ありがとうございました!行き詰まったときにはまた質問させていただきます。今後ともよろしくお願いします!

ご質問ありがとうございます。最初の質問が「お礼連絡の後、お客様への連絡頻度は月1でいいのか」という内容でした。

そこで、前回の返信で「連絡頻度と信頼関係はイコールではない」と書いたところ、

初めのお礼の連絡で何を伝えるか、どう伝えるかに焦点をしぼって他のホステスに差をつける、と考えて間違いないでしょうか。

という話になりました。なぜそういう話になったのでしょうね。まあいいでしょう。

100歩譲ってその話だとしても、私は「他のホステスと差をつけろ」という発信をしたことは一度もありません。

「他のホステスと同じことを同じ量やって、他のホステスより秀でたい!というめでたい思考は捨てろ」とは言ってますが(笑)

でも、人って「受け取りたいようにしか受け取らない」という生き物なので、しょうがないですね。

質問者様も「こうすればいいですよ(答え)」がほしかったのでしょう。

目に見えるもの、耳に入ることに頼るとしんどくなるよ?

信頼関係とは何か、良いお客様とは何か』にも、

「何度発信するか」も大事ですが、「何を発信するか」のほうが、信頼関係では大事じゃないかな、と私は思うので『数より質』を推進してます。

毎日連絡があっても信頼できない人はできないし、年に1回の連絡でも信頼できる人はできますし。

お店や顧客層については詳細を聞かないと何とも言えないですが、お客様も人ですからね。

相手によって態度も接し方も変わるので。よそで触りまくって口説きまくってても私のお店では紳士的という方もいるし、そこはホステス次第ですね。

目に見えるものなんか、一番信用ならないですよ。言葉もいくらだってウソを書けるし、態度もいくらでも偽れる。あなたもホステスなら分かるでしょ。

目に見えないものを生業としてる身で目に見えるものしか信じられないでいると、この仕事はしんどいですよ。

と書いたとおり、見えるもの・聞こえるものにとらわれると、しんどくなります。

〇回連絡したほうがいいとか、〇回連絡しないと来ないとか、そういうのは「目に見えるもの」。

たしかに割合を知るという意味では大切な要素ですが、見えない部分にも情報はたくさんあるのです。

なぜ、何度連絡しても返信がないのか。なぜ、何も連絡しなくても来店があるのか。

見えないもの・聞こえないものに重要なことが隠されているので、回数にとらわれないほうがいいと思うのですよね。

他のホステスと差とか精度とかじゃなくて

頻繁に連絡を取らないと来店に繋がらないということは他のホステスと差をつけても、1回の連絡の精度を高めても、多分現状にさほどの変化はないですよ。

問題はそこじゃないんです。厳しい言い方で恐縮ですが、今のあなたは、頻繁に連絡をしないと離れる程度の顧客しかつかないレベルの商品なわけです。

そこは、スキルでは埋まらないのですよ、どうがんばっても。もしうっかりスキルで埋めてしまったら、あなたは精神的に病むことになります。

実際にそういうホステスを大勢見ました。スキルがあれば売れる(悩みが解決する)という思考は、本当にまずいのです。

それは、あなたに見たくない現実があって、そこから目を背けている。という内面的課題の合図なんですよ。

私も、不安なときは具体的なノウハウに頼りたくなります。

自分ががんばっている感覚も得られるし、やることが明確になってタスク化し、不安が埋まるからです。

でもその不安は、本当の問題と向き合わない限り、あらゆる形で&エンドレスで表面化します。今回の質問回答の流れを、冷静に振り返ってみてください。

「接点が減ると信頼関係を築けないのでは?目に見えないものだからこそ不安」と、ご自身で綴っていますよね。

その問題が「精度を上げる」という結論で解決したとは思えないのですよ。あなたが本当に結果を出したいなら、一旦自分の弱さと向き合ってみてください。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,545 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧