お礼メールに悩むホステスさん、原因と改善法を例文で解説します。

ホステスの心得座学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー
秋好玲那です。→目次はこちら^^

今回はクラブホステスさんからいただいたご相談をピックアップしました。

ホステス
ホステス
常連様になったお客様へのお礼メールがなかなか思い浮かばなくなりました。どう対応したらよいでしょうか?

 

お礼メールに困る原因と改善法、例文をお話ししていきますね。

常連客へのお礼メール&LINEに悩む原因

思い浮かばなくなった

ここが最大のポイント。お礼メールの文章で悩むホステスさんは、自分でも気付いていない大きな落とし穴にハマッている可能性大です。

その落とし穴とは「何か自分が「話題を発信」しなければならない、と思い込んでいる」という点。これはお礼に限らず、接客の場でも、定期的なご連絡にしても、共通の落とし穴です。

売れないホステスほど文章の目的が「お礼」と「覚えてます」に終始する

セッションでお礼メールの添削をしていると、大体こんな内容が書かれてあります。

  • ○○のお話が聴けて楽しかった
  • ○○さんと会えて嬉しかった
  • ○○さんオススメの本、読んでみるね

つまり、お客様と話した内容に沿って感想を伝える場になっているわけです。これでは、ネタが尽きるのは当然。こうなる原因は、

  • お礼をすること
  • 話を覚えてますと伝えること

が目的になっているからです。・・・と言うと、

ホステス
ホステス
え?来店のお礼だから、お礼が目的じゃないんですか??

 

と言われるのですが(笑)そして、まあそうなんですが(爆)しいて言えば、

  • お礼は「人としてのマナー」として言うのがあたりまえ
  • 昨日の今日で「覚えてます」はあたりまえ(覚えてないほうがびっくりする)

なので、

 

そんなあたりまえのことをわざわざ目的にするほうが無意味でしょ。

 

ってことです。誰もがやるであろうことをしても、お礼メールのネタが尽きるのは当然だし、ワンパターン化していくし、他のホステスに差をつけられないですよね。

売れっ子ホステスがお礼メールで目的にしていること

では、売れっ子は何を目的にやるの?というと・・・

ここから先は有料コンテンツです

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

152,410 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧