着物を着る機会があるなら着付けを習いましょう

着物を着る機会があるなら着付けを習いましょう
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

あなたは、お店で着物を着る機会がありますか?

浴衣でもいいし、訪問着でも構いません。もし着る機会があるなら、自分で着れるようになっておいたほうがいいです。

着崩れするから

着付けに行くと、着崩れしないように、そこそこキツめに着付けられます。それでも、着崩れはするんですよね。

特にスナック勤務の場合、動作も多いし、やらないといけない作業も多い。だから崩れやすいんです。

そのときに、ササッと自分で直せるようになっておくと、とっても便利です。それに、自分で着付けられる、というだけで、お客様の評価も上がります。

プライベートでも着れる

プライベートでも、意外と浴衣デートを嫌う男性は多いんですね。何しろその後にホテルに行けませんからね(笑)

今はラブホテルでも着付けサービスがありますが、いつ何があってもいいように身に付けておくと、恋人からの評価もアップします。

私が着付けを習ったきっかけ

私も最初はずっと、プロの方に着付けていただいていました。あることを機に、着付けを習おう、と思ったんです。

お客様の中に、京都在住の着物デザイナーの方がいるんですね。パリコレでショーをするくらい有名な方のようで、全然知らなかったですけど(笑)

その方が、わざわざ私にと、帯を縫ってくださったんです。黒地に鮮やかなクジャクが刺繍されていて、すごく粋でカッコイイ帯でした。

デザインはもちろん、裁断から刺繍まで全部やってくださったそうで、とっても忙しい方なのにありがたいなあ、って心底思いました。

着物を愛している方で、私に着物をもっと着てほしい、という気持ちをくださった。

その思いにどう応えたら喜んでいただけるかな、と思ったとき、まずは自分で着物を着れるようにならなくちゃ!と思ったんです。

「〇〇さんに帯をいただいたから、着付けを習って自分で着てみたよー!」と、写真をメールで送ると、とっても喜んでくださいました。

「〇月〇日に行くから、着て見せて!」と返信が。

ホステスの営業って、こういうことです。来てください、なんて言われても、お客様は嬉しくない。何をしたら喜んでいただけるか、なんですね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,919 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧