【到着日別】2月上旬に使える時候の挨拶・結び例文まとめ

【到着日別】2月上旬に使える時候の挨拶・結び例文まとめ
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

2月に使える時候の挨拶『結び』の例文をまとめました。やわらかいものは、メールやLINEでも使えます。例文を選ぶポイントとしては、

  • 文頭で固い挨拶文を選んだら、文末はやわらかい挨拶文を選ぶ
  • 文頭でやわらかい挨拶文を選んだら、文末は固い挨拶文を選ぶ

と覚えておくと、わかりやすいと思います。

たとえば、文頭で「解氷の候、」を選んだなら、結びには「春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、」などを選びましょう。

文頭に使う時候の挨拶は、『【到着日別】2月に使える時候の挨拶例文まとめ』から選んでくださいね。

2月1日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。

2月2日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。

2月3日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。

2月4日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月5日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月6日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月7日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • 向春といえども朝夕の寒さに油断なさいませんよう、
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月8日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • 向春といえども朝夕の寒さに油断なさいませんよう、
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月9日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • 向春といえども朝夕の寒さに油断なさいませんよう、
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月10日着予定

  • 暖かくなりましたら、どうぞこちらにもお出かけください。
  • 梅がほころび、うぐいすの鳴くころとなりました。
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 花粉の季節の到来です。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりましたが、
  • 向春といえども朝夕の寒さに油断なさいませんよう、
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • こちらには梅の名所がございます。
  • この寒気は当分ゆるみそうもありません。
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒なお肌身に染み入るこの時期、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒の日々ですが、
  • 残寒のみぎり、
  • 時節柄、
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 底冷えのする日が続いています。
  • そちらは大雪とのこと、
  • そちらも雪が消えるまで大変かと存じます。
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • なかなかお目にかかることができませんが、
  • 早くも花粉症が猛威をふるっているようです。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春とは名ばかりの寒さですので、
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりましたが、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 本格的な春に向け、
  • まだ寒い日が続きますので、
  • まだまだ寒い日が続きますが、
  • まだまだ寒い毎日です。
  • まだまだ寒さが厳しいですが、
  • 末筆ながら、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春とは申しますが、
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,919 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧