色恋営業

質の悪いホステス=質の悪いお店
OPEN

質の悪いホステス=質の悪いお店

この記事は、以下記事の続編的なものです。まだ未読の方は、まず上記事をお読みになってから、こちらへ戻ってきてください。玲那さん、はじめまして。今回は、玲那さんにどうしても一言お詫びを申し上げたく、ご連絡をさせて頂きました。突然申し訳ござ...

【恋子の日常】営業が死ぬほどきらいです。
OPEN

【恋子の日常】営業が死ぬほどきらいです。

「営業活動が楽しい!」胸を張ってそう言えるホステスは、少ないだろう。ほとんどのホステスにとって、営業活動は、苦痛で面倒でおもしろくないものである。もしかすると、あなたもそう思っている1人ではないだろうか。できることならやりたくないし、...

色恋はもう卒業しよう!ホステス救済プラン
売れるホステスのつくり方

色恋はもう卒業しよう!ホステス救済プラン

色恋を推奨するお店も多くあるし、ホステスの仕事は色恋だと断言するお店やホステスも多く実在することは事実です。また、色恋に需要があることも重々知っているし、目先の売上を取るには色恋という手法は、とても手っ取り早いものだとも思います。私が...

色恋はホステス界の詐欺商法だと思っています
管理人のひとりごと

色恋はホステス界の詐欺商法だと思っています

基本的に私、『色恋営業=ホステス界の詐欺商法』だと思っています。ヤラせてくれるだけ、まだ枕や愛人契約のほうがマシですね。もちろん、その手法で成功したホステスさんを否定する気はまったくないです。単に、私のスタンスからするとそう思う、とい...

ムチを持った色っぽい女性
OPEN

色恋営業と擬似恋愛の区別もつかないクソホステスが売れるには

「バカはオマエだよ」今の私から『売れないころの私』に贈りたい一言です。なぜなら、「ホステス相手に本気(の恋愛感情)になるほうがバカだ」と本気で思っていたからです。若いころの私は、自分が色恋営業をしているつもりはまったくありませんでした...

色恋営業をしたくないなら必要な心構えとは?
OPEN

色恋営業をしたくないなら必要な心構えとは?

「はぁ・・・もう色恋しんどい・・・」「色恋せずにお客様来てくれたらいいなぁ」「〇〇ちゃんは色恋もせずに良客に囲まれてうらやましい」そんな風に思うことはありませんか?私もキャバクラで働いていたころはそう思っていた側の人間なので、その気持...

「ホステスの仕事とは」に対する疑念と懸念
ホステスの心得

「ホステスの仕事とは」に対する疑念と懸念

ホステスの仕事はいろんな意味で「都合よく解釈されているな」と日増しに感じます。もちろん『時代の変化と共に変わっていく』という点は当然だし、お店のジャンルによっても提供するものは異なります。たとえば広義ではキャバ嬢(キャスト)もホステス...

色恋営業の「致命的マズさ」
ホステスの営業

色恋営業の「致命的マズさ」

色恋、してますか?色恋営業はインスタントホステスを作るにおいて最適ではありますが、その手法がビジネス的に大問題であること物理的にもマズさが証明されてしまっていることこの重大な課題を、水商売の人間は誰も知りません。私はこのサイトで「色恋...