難しく考えなくても「自動的に会話がはじまる仕組み」を活用しよう

難しく考えなくても「自動的に会話がはじまる仕組み」を活用しよう
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

基本的に、会話に苦手意識を持っているホステスは『考え過ぎ』です。

会話をとてもむずかしく考え、かまえてしまうホステスさんが多いですが、そんなに考えなくても大丈夫です。

会話も、ロジカルに考えれば『自動的に会話が始まる仕組み』というものが存在します。

お友達と話すとき、恋人と話すとき、家族と話すとき。

あなたはいつも毎回毎回、同じように構えて「何を話そうか」と悩んだりはしていませんよね?その違いは何でしょうか。

気心知れた相手だから?慣れているから?相手が自分を分かってくれているから?安心できる相手だから?

お客様は『楽しませなければいけない相手』で、それ以外は『楽しませなくてもいい相手』だから?

理由はいろいろあると思いますが、今日からだれにでもできる、ちょっとした『会話の仕組み』をご紹介します。

ここを押さえておくと、大半の会話はスムーズに進みますよ。

考えなくても自動的に会話が始まる仕組み

考えてしまうホステスさんは、大体こんなことを考えています。

  • 何を話せばいいか
  • 共通の話題は何か
  • どんな話題を提供すれば盛り上がるか
  • どんな会話をすれば楽しんでもらえるか
  • 変なことを言って嫌われないか
  • 分からない会話になったらどうしよう

一番には、圧倒的に勉強不足が原因ではあります。

ホステスは『どんな会話でもついていけること』が必須です。それが興味のない話であろうと、知らない話であろうと、関係ありません。

ただ、だからといって全部を勉強して、網羅することも不可能ですよね。そこで、会話の仕組みを知っておきましょう。

会話はお互いの言葉のキャッチボールで成立しますが、『会話が弾む』という状態は、言葉のキャッチボールだけでは成立しません。

『会話が弾む』とは、互いの感情のキャッチボールで成立するのです。

この仕組みを、まず徹底的に理解してください。

自動的に会話が始まる仕組みー感情のキーワード

では、感情のキャッチボールとは、どういうことをすれば良いのでしょうか。答えはとっても簡単です。

『感情のキーワード』を、言葉の端々に含めれば良いのです。たとえばあなたがお席に着くとき、

 

玲那
玲那
いらっしゃいませ、玲那です。

 

といった挨拶を毎回しているとしたら、これは仕組みを利用できていません。相手が広げてくれない限り、新たな話題を出すしかなくなります。

そこで、『感情のキーワード』を含めるのです。

 

玲那
玲那
いらっしゃいませ、玲那です。
玲那
玲那
何だかとっても楽しそうですね

 

これだけで、お客様は勝手にしゃべり出すのです。『楽しい』というキーワードに合わせて、自動的に『楽しい』にまつわる話をしてくださいます。

 

お客様
お客様
今日は〇〇の打ち上げで気分が良いんだ
お客様
お客様
今日はいいことがあったんだよ

 

今度はその『気分の良い話』や『いいこと』を聞けば良いだけです。脳は『感情のキーワード』に弱いので、その仕組みをうまく使えば良いのです。

自動的に会話が始まる感情キーワードの例

では、どんなものが感情キーワードかというと、以下のような言葉が当てはまります。

▼ プラスの感情キーワード

  • 嬉しい
  • 楽しい
  • 幸せ
  • 喜ばしい
  • ご機嫌
  • 安心
  • リラックス
  • 親しみ
  • 憧れ
  • 尊敬
  • 勇気
  • 満足
  • 期待
  • 愛しい
  • 優しい
  • ありがたい
  • 興味津々
  • おもしろい
  • 素敵
  • 気分がいい
  • 不思議
  • 意欲的
  • 責任(ある立場、仕事など)
  • 快感
  • 気持ちいい
  • 心地好い
  • 期待
  • 優越感
  • ステイタス
  • 感動
  • 希望
  • 受け入れる
  • 信頼
  • 気晴らし
  • 興味

▼ マイナスの感情キーワード

  • 警戒
  • 心配
  • 煩わしい
  • 退屈
  • 不安
  • 緊張
  • 責任(が重い)
  • 怖い
  • 後悔
  • 不快
  • 不満
  • 無念
  • 嫌悪
  • 恥ずかしい
  • 軽蔑
  • 嫉妬
  • 罪悪感
  • コンプレックス
  • 恨み
  • 苦しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • 怒り
  • 腹立たしい
  • 悩む
  • 諦める
  • 絶望
  • 空しい
  • 静か
  • 物思いにふける

上記は、あくまでもほんの一部です。

また、プラスの言葉をあえてマイナスとして使うときもあれば、マイナスの言葉をあえてプラスとして使うこともあります。

これらを端々に含めて会話をすると、考えなくても会話は進んでいくのですね。

まとめ

  • 会話が弾む=感情のキャッチボール
  • 感情のキーワードを含めて話す
  • プラスとマイナスのキーワードを使い分ける

会話下手だなあ・・・と感じるホステスさんは、リアクションが薄いです。

でも、オーバーリアクションがキャラに合わないホステスさんもいるし、性格的にむずかしい場合もあるでしょう。

そういうときは、「無理にオーバーリアクションで!」と力まず、感情キーワードを含めて言葉を返すと良いですね。絶景の写真を見て、

 

わあきれい、すごーい

 

と言うよりも、

 

わあきれい、さぞ感動したでしょう

 

と言うほうが、情緒的じゃないですか?ぜひ、習得してくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,914 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧