「お酒が飲めないホステス」が面接でチェックされるところ

「お酒が飲めないホステス」が面接でチェックされるところ
ホステスの心得|OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

本日のテーマはこちら↓

いつも勉強させて頂いております。私は水商売未経験33歳でお酒が飲めません。しかし、ホステスという仕事への憧れが強く諦めきれないので銀座へ面接に行くことにしました。 やる気をアピールするだけでは足りないな、私が出来ることは何だろうと日々面接で話すことを考えておりますが、なかなか答えがでず悩んでいます。 レイナさんはママの立場で私のような者が来たらどういう所を重要視するか教えて頂きたいです。

ご質問ありがとうございます^^
回答はこちら↓

  • 素直さと謙虚さがあるか
  • コミュニケーションコストがないか
  • 見た目が実年齢より若く見えるか
  • 仕事に対する情熱量
  • 客ウケするか
  • 視線や仕草の動き
  • 礼儀や言葉遣い
  • 笑顔や話し方

などでしょうか。面接に行くお店によっては礼儀正しさが「固い」と判断され落ちることもありますね。

お酒が飲める・飲めないにかかわらず
上記は最低限ポイントかなーと思います。

その上で
「お酒が飲めないホステス」だった私が

  • 面接に行く立場
  • 面接する立場

両方の立場でもっとも重視していた
ポイントをお話ししますね。

 

お酒が飲めないホステスは「飲めるホステス」との違いをアピール

まず『面接に受かるかどうか』は、

そのお店がどういうホステスを求めているか?によって決まる

ということを念頭に置きましょう。

  • お酒が飲めるホステスを必要としているお店
  • ホステスはお酒を飲むことが仕事と考えているお店
  • 飲んで当たり前と思っているお店

などに応募すれば、
当然に合格率は落ちることになります。

この辺りは求人項目に
「お酒が飲めなくてもOK」と書いてある
お店を選んで面接に行ったり、
問い合わせてみるだけで分かりますね。

ここをクリアすることが大前提として。

実際の面接の場では
「飲めないけれど〇〇ができる」
といった違いを打ち出せるか?
が勝負になります。たとえば、

  • 飲めないけれど容姿が抜群
  • 飲めないけれどトーク力やコミュニケーション能力が高い
  • 飲めないけれどアフターは行ける
  • 飲めないけれどレギュラーで働ける
  • 飲めないけれど人脈がある
  • 飲めないけれど歌はプロ級
  • 飲めないけれど3ヶ国語話せる

など何か売り込めるものを
アピールできるようにすると良いです。

これから面接へ行こうとしているお店が今
どんなホステスを求めているか?を考えて
アピールポイントを作ることが重要、
ということですね。

 

まとめ

  • 最低限ラインをクリアしているか
  • 求める人材にマッチしているか
  • 飲めない代わりに何ができるか

 

ちなみに私の場合で外見と年齢を除くと、

  • 飲めないけれど歌はセミプロレベル
  • 飲めないけれど酔ってる人と同レベル、またはそれ以上のテンションで話せる
  • 飲めないけれど酔ったお客様やお姉さんホステス、ママ達を介抱して自宅まで送り届けることができる
  • 飲めないけれど無遅刻無欠勤で出勤できる
  • 飲めないけれど日中や休日の会食などはフルで行ける(色恋以外)

などが初期のころは役立ったかな、
と思います。

色恋目当てのお客様に誘われたお姉さんや
嫉妬深い旦那さんを持つお姉さんなどが
休日にお客様に誘われて困っている際など
しょっちゅう駆り出されていました(笑)

経験と勉強を積んでいろいろ磨かれて
「飲めないけれど〇〇できる」が増え、
選択肢が増えていった感じです。

お酒を飲めないというのは取っ掛かりでは
ハンデのある状態ではありますが、
ホステス業自体は飲めなくてもできます。

小さなことでも良いので
自分にできることを人並み以上に磨いて
「お酒が飲めないけれど〇〇できる」
を増やして
アピールポイントを作りましょう。

 

 

関連記事一覧