見て覚えろ!←無理です!!

見て覚えろ!←無理です!!
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

私は物覚えが悪い。

子どものころ、
そう思っていた時期がありました。

実際、そう言われたこともあります。

『他の人は、
どうやって覚えているんだろう?』

観察しても、よくわかりませんでした。

でも、あるとき
『記憶の方法が間違っていた』
気付いたんです。

記憶のキーは五感

何かの記憶を呼び起こそうとしたとき、
人は必ず、五感を頼りにしています。

五感とは、

  1. 視覚(見る)
  2. 聴覚(聞く)
  3. 嗅覚(匂う)
  4. 味覚(味わう)
  5. 触覚(触れる)

このどれかに頼って、
記憶を呼び起こします。

多くの人は、学校で、

  • 先生の話を聞く(聴覚)
  • 黒板に書かれたものを見る(視覚)
  • ノートに書き写す(視覚)

という記憶方法を学んでいるはずです。

つまり、視覚に頼った記憶法が最良、
または正しいと信じて疑わない節が
あります。

ところが、実際には『視覚での記憶』が
適さない人も存在します。

目で見たものを忘れる

『視覚での記憶が適さない』

そう、それは私のことです。
私は、視覚で覚えることができません。

黒板にあることを
ノートに写して読み返しても、
私の脳にはまったく残らない。

誰かの話、約束したことをメモに
残しても、メモをしたことすら
忘れてしまう。

それだけではありません。

忙しくなってきたし、
スケジュール管理のひとつの手段として
手帳を持とうとしたことがありました。

でも、書けば書くほど、覚えられない。

何度も何度も、
手を変え品を変え挑戦しましたが、
とにかく『書くと忘れる』のです。

ザッと思い返して少なく見積もっても、
30冊以上の手帳が
ゴミ箱行きになりました。

メモを取らない=不真面目!?

視覚的に覚えられない私は、
あらゆるところで苦労しました。

子どものころだと、授業中。

ノートを取らない私は、いつも先生に
「なぜノートに書かないのか」と
怒られていました。

大人になってからは、ミーティング。

メモを取らない私は、いつも黒服に
「メモも取らないとはやる気がない」
と言われていました。

『メモも取らない、
 不真面目でやる気のない子』

それが、世間から見た私の印象。

でも、私はずっと
疑問を抱えていました。

「なぜ、メモを取ることに必死で
話の半分も聞いていない人が
評価されるのか」

「なぜ、メモを取らないというだけで
『聞いていない』と判断されるのか」

私は、耳で聞いたことは
ほぼ覚えられるのに。

その場にいる誰よりも話を聞いて、
誰よりも話したことを覚えていて、
誰よりも正確に答えられるのに、

『メモを取らない』

というだけで、不真面目で
やる気がないと言われることに
大きな憤りを感じていました。

聴覚で記憶が蘇るタイプ

人は、記憶を手繰るとき、
脳内で関連した記憶を再現しています。

私の場合、何かを思い出そうとしたとき
脳内で再生されるのは『音』です。

たとえば、田中さんというお客様と
初めて出会ったときのことを
思い出すとします。

そうすると、私の頭の中で、

  • お店の中で流れていた音楽
  • 店内のざわめき
  • 田中さんの声

というように、周りの音やその人の声が
真っ先に再生
されます。

その後に、田中さんの顔が出てくる、
という順番です。

ときには、顔が出てくる前に、
匂いが再生されることもあります。

食べ物も同じです。

外食に行ったときの記憶を手繰ると、
そのときの音、匂い、感触、盛り付けの
順番に記憶が蘇ります。

つまり、私の記憶は、

  1. 聴覚(聞く)
  2. 嗅覚(匂う)
  3. 触覚(触れる)
  4. 味覚(味わう)
  5. 視覚(見る)

この順番で行われているのです。

それぞれ「記憶しやすい方法」が違う

記憶するにあたって、『視覚』が優れて
いる人もいれば、私のように
『視覚以外』が優れている人も
いるでしょう。

どれが間違っているわけでもなく、
方法が違うだけで、
覚えられればそれでいいのです。

でも、あらゆる場面で『視覚的な
記憶法』をすりこまれ、そのせいで

『覚えられない私は頭が悪い』

と思っている人が多いのではないか、
と思うことが多々あります。

それは、
コンサルの場でも如実に感じるのです。

中でもダントツに多いのが、
『お客様の顔を覚えられない』
という問題。

これを『私の頭が悪い』と錯覚すると、
無駄な努力をすることになります。

自分に合った『記憶法』を探す

そこで、これまでに習った記憶法を
一旦捨てて、自分に合った記憶法を
探しましょう。

自分にとって、

  1. 視覚(見る)
  2. 聴覚(聞く)
  3. 嗅覚(匂う)
  4. 味覚(味わう)
  5. 触覚(触れる)

上記のどれが優れているのか、を
まずは探します。

探し方はカンタンです。

いますぐ、昨日の出来事を
思い出してみてください。

何が真っ先に出てきましたか?

光景ですか?
音ですか?
匂いですか?
味ですか?
触れた感触ですか?

『真っ先に出てきたもの』が
あなたが得意とする記憶法です。

その『真っ先に出てきたもの』を
活用した記憶法をご紹介するので、
ぜひ試してみてください。

ここから先は有料コンテンツです

ホステスの心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

304,138 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧