【到着日別】2月に使える時候の挨拶・結び例文まとめ

【到着日別】2月に使える時候の挨拶結び例文まとめ
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

2月に使える時候の挨拶『結び』の例文をまとめました。やわらかいものは、メールやLINEでも使えます。

例文を選ぶポイントとしては、

  • 文頭で固い挨拶文を選んだら、文末はやわらかい挨拶文を選ぶ
  • 文頭でやわらかい挨拶文を選んだら、文末は固い挨拶文を選ぶ

と覚えておくと、わかりやすいと思います。

たとえば、文頭で「解氷の候、」を選んだなら、結びには「春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、」などを選びましょう。

文頭に使う時候の挨拶は、『【到着日別】2月に使える時候の挨拶例文まとめ』から選んでくださいね。

2月上旬に使える結び例文

▼ 2月1日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。

▼ 2月2日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。

▼ 2月3日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。

▼ 2月4日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月5日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月6日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月7日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月8日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月9日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月10日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

次の文章はこちら↓↓↓

2月中旬に使える結び例文

▼ 2月11日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月12日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月13日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月14日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月15日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月16日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月17日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月18日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、

▼ 2月19日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月20日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

次の文章はこちら↓↓↓

2月下旬に使える結び例文

▼ 2月21日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月22日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月23日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月24日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月25日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 春浅の折、
  • 春浅の候、
  • 春浅のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月26日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 春浅の折、
  • 春浅の候、
  • 春浅のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月27日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 春浅の折、
  • 春浅の候、
  • 春浅のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月28日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 春浅の折、
  • 春浅の候、
  • 春浅のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

▼ 2月29日

  • 温かい鍋でも囲みながら、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の薫る季節です。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 花粉の季節の到来です。
  • 変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、
  • 寒気冴え返る時節ゆえ、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 季節の変わりめでございます。
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。
  • 幸多き春の門出となりますよう、
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さ厳しき折りから、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 三寒四温の時節、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒の時節柄、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • しばらくは寒さが続きます。
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 春浅の折、
  • 春浅の候、
  • 春浅のみぎり、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 暖冬とはいえ、寒い日が続いております。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 長い冬もいよいよ終わりに近づいています。
  • 年度末をひかえて忙しくなりますが、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 春とはいえ、厳しい寒さが続きます。
  • 春の訪れを待ちわびながら、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春はすぐそこです。
  • 晩冬の折、
  • 晩冬の候、
  • 晩冬のみぎり、
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 本格的な春に向け、
  • まだしばらくは寒さが続きます。
  • まだまだ寒い毎日です。
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けも間近です。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、

次の文章はこちら↓↓↓

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,907 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧