クラブやスナックの「良いママ」の見分け方~働くならこんなママがいるお店で!~

クラブやスナックの「良いママ」の見分け方~働くならこんなママがいるお店で!~
ホステスの心得

キャバクラとは違い、クラブやスナックと聞くと「ママの存在が絶対」という認識があるのではないでしょうか?

特にスナックでは、求人でも「ママのお手伝い」とメインに募集されていることが多く、やはりママの存在は無視しきれないことなのです。

つまり、良いママがいるクラブやスナックで働けたらとても働きやすい環境が整っているということですね。

その逆で怖いママや面倒くさいママがいるクラブやスナックでは働きにくいので、クラブやスナックで働こうと思うと良いママを見分けることがとても重要になってきます。

できたら面接のときにどんなママなのか見分けたいところですが、普通の人間関係と同じで少し時間が経たなければ分からないこともあるでしょう。

もし、「ここのママとは一緒に働いていくのがしんどいな」と思うときが来たら我慢せずに辞めることが大切です。

ただそれに気づくのが遅ければ遅いほど辞めにくくなってしまうため、今回は良いクラブやスナックのママを早めに見分ける方法を紹介します。

もしこれからクラブやスナックで働きたい、ずっと今のクラブやスナックで働こうか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

黒服やホステスに対して怒鳴る

これはクラブやスナックに限らずどの職場でも同じことですが、黒服やホステスに対して怒鳴るママは良いママとは言えません。

まだ働き始めて間もなかったり、初めてすることには失敗がつきものです。

そのことに対してやり方を教えてくれるのではなく頭ごなしに怒鳴ってくるようなママなのであれば、今後何かわからないことを聞きたいときも聞きづらいと思うことになるでしょう。

もちろん何回も教えてもらっているのにいつまで経っても覚えられないのであれば黒服やホステスのほうが悪いですが、まだ慣れていないのに怒鳴ってこられたら「怖い」という感情が真っ先に出てきますよね?

そんなママについて行こうとがんばったとしても、いつかは限界がきてしまいます。

自分が失敗してしまったとしても、明らかに厳しすぎるママだなと感じたときは迷わず早めに辞める決断をするようにしましょう。

お客様と黒服やホステスへの態度が全く違う

クラブやスナックでの仕事は接客業であるため、お客様に対する態度と黒服やホステスに対する態度が多少違うことは仕方のないことです。

ですが、その態度が多少ではなく人が変わったように違う場合はさすがに違和感を感じると思います。

さっきまでお客様と楽しそうに話していたのにお店を閉めた瞬間冷たい態度に変わってしまったりすると、そのテンションにどう合わせたらいいのかわからなくなりますよね?

お客様も黒服やホステスも同じ人間です。

それなのに態度が激変するところを間近で見ていたら、ママに対して好感が持てなくなることは当然のこと。

ですから、お客様がいるときとそうでないときで、異常なまでに態度が変わるママだなと思ったらそのクラブやスナックは辞めたほうがいいでしょう。

プライベートにまで関わってくる

もしママと仲良くなったとしても、プライベートにまで関わってこようとするママは要注意です。

自分も望んでプライベートでもママと付き合いをしたいと思う場合は話が別ですが、仕事とプライベートは混同したくないと思っているのにママが無理に誘ってくるのなら良いママではありません。

ママとなれば、黒服やホステスがどんな性格をしていて、どんな距離感で接したがっているかを把握しておかなくてはいけません。

それなのに黒服やホステスの気持ちを完全に無視してプライベートに踏み込んでくるのはママ失格です。

ママは良かれと思ってしていることかもしれませんが、距離感が合わない人とずっと仕事をしていくことはつらいことです。

しかも主導権はどうしてもママ側が持つようになるので、黒服やホステスのほうが圧倒的に働きにくいはずです。

なので、無理にプライベートに踏み込んでくるママがいるクラブやスナックでは働かないほうがいいでしょう。

人のことを見下す

いくら自分のほうが立場が上だと言っても、人のことを見下すようなママは良いママではないです。

これは黒服やホステスに対してもそうですが、お客様に対しても言えることです。

黒服やホステスやお客様と普通に話しているときでも、人のことを見下す人は発言する際に人のことを悪く言う傾向が見られます。

みんなが褒めているのにママだけは否定しているなど、否定的な答えが多いようなママには魅力を感じることがなくなってくるでしょう。

そんなママが経営しているクラブやスナックは、まず長く続くことはありません。

それに早く気づいて自ら辞めておかないと、急にお店が潰れてしまって職がなくなってしまったという可能性だってあります。

ですから、このママは基本的に人を見下していると感じたら、そのクラブやスナックは辞めることをオススメします。

まとめ

クラブやスナックで働くとなるとママの存在はとても大きいです。

良いママがいるクラブやスナックを見つけることができれば、とても働きやすい職場であることは間違いありません。

でもそうではないママがいるクラブやスナックで我慢しながら働いても、結果的に辞めたいという気持ちが強くなるばかりです。

なので良いママかどうかを自分でしっかり見分けて、もし「このママにはついていけそうにないな」と感じたら早めに辞めるようにしましょう。

今回紹介したことに気をつけて見ていたら、良いママかそうでないかをいち早く判断できるはずなので、参考にしてみてください。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

sakura

40,750 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧