元No.1ホステスが教える『来店に繋げるお礼状』/主文はどう書けばいい?

元No.1ホステスが教える『来店に繋げるお礼状』/主文はどう書けばいい?
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

お手紙営業の『主文』は、お手紙を出す目的の部分なので、とても重要です。また、目的がはっきりしていても、

  • どういう言葉を使えばいいのか
  • どう表現すればいいのか

と、迷うこともあると思いますが、まずは『目的を明確にしてから主文に取りかかること』が大事です。そこで本記事では、

  • 主文の目的を明確にするためのポイント
  • 主文の例文

について、お話しします。

主文に入る前の安否のご挨拶については、『元No.1ホステスが教える『来店に繋げるお礼状』/安否のご挨拶』を参考にしてくださいね。

お礼状の目的を明確にする

お礼状なので、当然『お礼』が最大の目的です。文章構成としては、

  1. 頭語
  2. 時候の挨拶
  3. 安否の挨拶
  4. お礼
  5. お会いした感想
  6. ご縁をいただいたことへの感謝
  7. 今後のお願い
  8. 文末の時候の挨拶
  9. 結語

という流れになります。4~7までが『主文』ですね。まず、この構成をしっかり頭に入れて、順番どおりに書けるようになりましょう。

お礼状は必ず目的の『お礼』からスタート

来店礼状はもちろん、何かいただいたり、助けていただいたときにも、主文は必ず『お礼』からスタートします。

お手紙添削をしていると、たまに文末でお礼を書いているホステスさんがいますが、それだとお手紙の目的が伝わりづらくなります。

「あ、言い忘れたけど、ありがとね」みたいに伝わってしまうので、もったいないです。なので、『主文は必ずお礼(目的)から』と覚えておいてください。

主文の前で時候や安否のご挨拶をしているので、

  • さて
  • ところで

という起こし言葉で【ここからが本題です】ということを示すのがお手紙上のマナーでは正解ですが、お礼状の場合は省いても大丈夫

「さて、先日は~」と入らなくても「先日は~」から入ってOKです。

お礼の目的を明確にするポイント

『お礼』と一言でまとめても、目的は多岐にわたります。たとえば、

  • 来店してくださった
  • 贈り物をくださった
  • 助けてくださった
  • だれかを紹介してくださった
  • 来店はしてないけどご縁をいただいた

など、さまざまです。これをまとめて『お礼』と考えると、主文の書き出しにつまづく原因になります。そこで、考えましょう。

あなたが『一番伝えたいこと』は、何ですか?

「来店してくれてありがとう」なのか、「ご紹介ありがとう」なのか、「助けてくれてありがとう」なのか、「プレセントありがとう」なのか・・・etc。

むずかしく感じるなら、まずは親しい友だちにLINEを送る感覚で、『タメ口』で書いてみましょう。たとえば、

昨日は来てくれてありがとう!すごく楽しかった!私、結構人見知りなんだけど、〇〇くんのおかげでリラックスできたよ。また会えたらいいね!

のように、頭にあることをバーッとタメ口で書き出してから敬語に直していくと、あなたの素直な気持ちが伝わりやすくなります。

ここから先は有料コンテンツです

Zoom心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,956 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧