ホステスが一番苦手な「しゃべらない人」

ホステスが一番苦手な「しゃべらない人」
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスが一番苦手とするお客様は、「しゃべらない人」。

しゃべらない人、つまり口数の少ない人は、ざっくりと2パターンに分けて考えることができます。

ひとつは、本当に口下手で、人と話すことが苦手な人。

このタイプの場合、状況によっては、執拗に話しかけると嫌われることがあります。どちらかといえば、こちらのタイプのほうが少ないかと^^

もうひとつは、特定のお客様にはよく話す、というタイプ。ホステスのお客様としては、こちらが圧倒的に多いです。このタイプでも、2つに分かれます。

ひとつは、ハッキリ言えない性格、または口下手、表現力が低くて口数が少なくなってしまう人。もうひとつは、特定のお客様にしか心を開かない人。

いずれにしても、対応ポイントは同じなので、安心してください^^

口数が少ない=思慮深い人が多い

口数が少ない人は、物事をとても深く考えていたりするので、的確な意見を出す人も多いものです。

ちゃんとお付き合いしていければ、あなたの人生において、非常にプラスになることがたくさんあると思います。

ただ、口数が少ないからこそ、普段の関係性が重要です。

【口数が少ない】【会話がぎこちない】という状況が続いているなら、コミュニケーション不足が原因。

意識的に距離を縮めたり、心を開いてもらえるように努めましょう。一旦心を開いてもらえたら、よく話してくれるようになります。

ただ、ここで絶対に忘れてはいけないのは『会話の主役は、常にお客様』ということ。口数が少ないからといって、あなたが一方的に話すというのはいけません。

あなたが一方的に話せば話すほど、お客様の口数は減っていきます。なぜなら、聞き役に回ってしまうからです。

お客様が会話の主役であることを念頭に置いて、

  • お客様の気持ち、言いたいことを代弁する
  • 相槌を打つ

等々で【お客様のお話をサポートする】という姿勢でいましょう。

観察&分析が大事!

最初に話しかけるときは、お客様の様子をまず見てください。

  • リラックスしていたり、明るい表情のときには、「何かいいことあったの?」
  • 緊張していたり、元気がない様子のときには、「どうしたの?何かあった?」

というように、お客様の様子に合わせて、会話の導入口を作ることを意識していきます。そうすることで、お客様も話しやすくなります。

せっかく、あなたにとってプラスになるかもしれない人です。率先してお付き合いしていきましょう。

「口数が少ないから苦手」と思うのは、あなたが受け身になっている証拠。

お客様が話してくれる、あなたをサポートして会話を弾ませてくれる前提で会話を考えているから、苦手だと感じるのです。

また逆に、口数が少ない人に対して、ワーッと自分のことを話してしまうなら、少し控えましょう。

どちらにしても、【私が主役】にならないことが大切です。

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,539 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧