初対面のお客様との会話が続かない!ホステスに必要なお客様主体の雑談力

初対面のお客様との会話が続かない!ホステスに必要なお客様主体の雑談力
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

初対面のお客様との会話が続かなくて、
なんとなく気まずくなってしまったと
いうホステスは多いのでは
ないでしょうか。

お客様に楽しんでいただくことが
できなかったと思ってしまい、

「わたしのコミュニケーション能力が
低いからだろうか・・・」

と悩んでいる人も多いのです。

どうしても初対面のお客様との会話が
弾まないということであれば、
自分自身のコミュニケーションについて
見直してみる必要があります。

普段から自分が行う
コミュニケーションの癖を見抜き、
少し視点を変えてみると、
会話が弾むようになってきます。

ここではホステスに必要なお客様主体の
雑談力を磨く方法について
お伝えします。

初対面のお客様との会話が続かない!そんなときの対処法!

お客様との会話が続かないと悩んでいる
ホステスの多くに、

「自分自身が会話を
リードしなければならない」

と考えすぎていることがあります。

しかしホステスはあくまでお客様の
言葉を引き出せるようにしなければ
なりません。

お客様が話ししやすくなるように
言葉をかけていけばいいのです。

会話のバランスに注意してみよう

ホステスのあなたは、お客様との会話の
バランスはいつも
どれぐらいでしょうか。

お客様との会話において、お客様主体で
あることがとても大事です。

絶妙なバランスというのは、
お客様の話が8割、
ホステスの話が2割といわれます。

ホステスは聞き上手が大事と
いわれますが、全て聞いてばかりでは、
お客様自身も

「本当に話を
聞いてくれているのだろうか」

と不安になってしまいます。

またホステス自身も、
フラストレーションが
溜まってしまうでしょう。

もちろんこのバランスはお客様によって
若干調整が必要になります。

積極的に話をしてくださるお客様で
あれば、お客様の話が8割で
構いません。

が、ホステスがリードしなければ
ならないような場面であれば、
7対3にすることや6対4に
することでも構わないでしょう。

いずれにしても話の主導権はお客様で
あるという意識が大事です。

会話を続かせるには絶妙なパスが大事

話し好きのホステスの中には、
話の主導権を完全に支配して、
盛り上げていくという人もおられます。

しかしこれが本当にお客様にとって、
心から盛り上がれたのかというと、
そんなことはありません。

盛り上がったかのように思えても、
実際には満足されていないことも
多いのです。

会話の内容がお客様の話題ではなく、
ホステスの話題になった瞬間に、
お客様の心が引いてしまっていることも
多いということに
気がつかねばなりません。

本当にお客様に楽しんで
いただくためには、会話の中で
ホステスが絶妙なパスを出すことが
必要です。

ボールをすべてホステスが
支配してはならないのです。

ホステスに必要なお客様主体の雑談力

お客様との会話の中では、 その話題を
ホステスが支配するのではなく、
あくまでお客様主体で状況によって
うまくパスしていくことが大事です。

それがお客様にとって、とても心地よい
時間に感じられるからです。

ホステスが自分自身に興味を持って
くれていると感じることができ、もっと
話をしたいという感情が強くなって
きます。

ではそのような状況にするためには、
どのように話を展開させればいいのか
お伝えしましょう。

お客様の話題に乗っかってしまおう!

先ほども申し上げた通り、お客様の
会話ではホステスが話題を支配して
しまうのではなく、お客様の話題を
引き出してそこに乗っかってしまう
ことが必要です。

ただし自分の興味あるものや、知識が
あるものでなければ、なかなか話を
続けることができないかもしれません。

でもここで大事なのが、
お客様を中心に会話を行うこと。

話題について全く自分自身が知らない
ことであっても、まずはしっかりと
聞き役に徹してみることから始めます。

その話題の中で、分からないことが
あれば、黙って聞いているだけでなく、

「それってどういうものなんですか?」
「なんか怖そうな内容ですね」
「いくらぐらいするものなんですか?」

など、思いついたことを返すようにして
みてください。

お客様の話題の中から切り返すことで、
お客様自身は興味を持ってもらって
いると感じることができますから、
心地よく話を続けることができます。

オチなんて必要ない!

話題はお客様の中にありますから、
ホステス自身がその話をまとめる必要は
ありません。

お客様の話題から話を拾い上げて
切り替えし、お客様の話を広げて
行くだけです。

「何か面白いことを
言わないといけないかな」

「いいアドバイスを
しなければいけないかな」

などと考える必要は全くありません。

お客様があくまで話しやすいように話を
広げる必要があって、その話題に答えが
必要なのであればお客様自身が
見つけなければならないことなのです。

つまり漫才のようにオチをつける必要は
全くありません。

ホステスはそのようなプレッシャーを
感じることなく、あくまでお客様の
話題の中に入っていけばいいのです。

会話の中でお客様から

「今、何の話をしてたっけ?」

こんな言葉が出てきたとしたら、
お客様主体で会話ができている
証拠です。

もっと高等技術を身につけたい場合は、

会話しない!?初対面のお客様はこう攻略する!

へステップアップしましょう。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

287,484 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧