話法とは~ホステスが学ぶべき話法と使い方のポイント~

話法とは~ホステスが学ぶべき話法と使い方のポイント~
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

『話法』と一言でいっても、さまざまな手法があります。

ホステスは『雑談力・質問力・傾聴力』と言いますが、それ以外の話法を身に着けなくて良い、というわけではありません。

そして仕事上、話法をそのまま使えば良い、というわけにもいきません。

そこで本記事では、話法の種類と、ホステスが各話法を使う場合の注意点やポイントをご紹介します。

話法とは

そもそも話法とは何かという点ですが、辞書を引いてみると、以下のような説明があります。

  1. 話し方。
  2. 書き手または話し手が、自分の話の中に他人の言葉を引用するときの表現方法。直接話法と間接話法がある。

話法とは|Weblio辞書

このように、話法とは大まかに『直接話法』と『間接話法』に分類されます。これらは通常の会話の中で使用される話法として有名ですね。

これ以外にも、営業で使われる話法や交渉で使われる話法など、ホステスに必要な話法はたくさんあります。

売れっ子ホステスたちは、こうした様々な話法を無意識に駆使して、お客様と会話をしているのです。

一気に多くの話法を理解するのは難しいので、ひとつずつ着実に身に着けていきましょう。

直接話法

直接話法とは、その人が言った言葉をそのまま伝える方法です。

小説や映画・ドラマであれば、登場人物のセリフそのもの。ブログなどで言えば引用部分に当たります。たとえば、こんなふうに↓

稲田弁護士は「心苦しいが、カード利用者を他の債権者より優遇できない」と説明。カードの未使用残高が客に返還されるかは不透明だ。

人が言ったり書いたりしたものを、直接使用または引用するのが『直接話法』と呼ばれる話法です。簡単に言えば「あの人が〇〇って言ってた」的な話し方のことですね。これは分かりやすいと思います。

ホステスが直接話法を使う場合のポイント

ホステスが直接話法を使う場合、注意しなければならないのは、悪口や陰口、噂話に繋がらないようにすることです。

これはすべての会話において言えることですが、直接話法では特に要注意です。なぜなら先述したように、誰かが言った言葉を直接伝えることになるからです。

「〇〇さんが××って言ってたよ」と伝えると、その話に信ぴょう性が増してしまいます。たとえば、

 

Aさんがあなたのこと嫌いって言ってたよ

 

など。流されない人であれば良いですが、大半の人が不快な思いをするし、その人たちの間柄を壊すことになります。一方で、

 

Aさんがあなたのことを頑張り屋さんだねって褒めてたよ

などは、良い信ぴょう性が高まって相手を喜ばせることができます。

まとめ

  • 話法とは「話し方」と「会話の技術」
  • 直接話法とは誰かが言ったことをそのまま伝えるスキル
  • 直接話法は信ぴょう性が高まるのでプラスの内容で使うこと

今回は、『話法とは?』と『直接話法』について解説しました。

もっとたくさんありますが、一気に書くと混乱するので、ひとつずつ追記していこうと思います。

次に追記するときまでに、直接話法を徹底的に理解し、無意識レベルで使いこなせるようにトレーニングしてください。誰かが何か言ったとして、

  • その内容は誰か(本人)に伝えても良い内容か
  • 伝えることで相手(本人)がどう感じるか
  • 第三者がそれを聞いたときにどう感じるか?

など、考えながら話しましょう。最初は判断に迷うこともあると思いますが、だんだん慣れてきます。失敗することも大事です、恐れずに経験を積みましょう。

どうしても分からないことがあれば、いつでも気兼ねなく相談してくださいね。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,545 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧