“地図”を持ってるか?

“地図”を持ってるか?
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

先日新しく申し込んでくださった
コンサル生さんが、とーっても
素晴らしかったのです。

これからホステスデビューする予定の
彼女、しっかりとした【地図】を
持っていました。

「最初はこういうお店で働いてNo.1に
なり、そこからこういうお店に
ステップアップして、最後には自分で
クラブを持てるようになりたいっ!」

本当に素晴らしいです。

着地点が明確だと、そのための準備や
道のりも明確になります。

お水の業界に限らずとも、着地点を
定めることはすごく重要だと思います。

それは【絶対的な着地点】じゃなくても
いいんです、【仮の着地点】でもいい。

実際の地図で見てみると
わかりやすいですね。

たとえば、「あんな仕事してみたい!」
という気持ちが「東京行ってみたい!」
なら、東京に行ってみましょう。

はい、ドーン↓

JR新宿駅西口で下車してみました、
「右も左もわかりません状態」です。

これが新人さんの気持ちですね、
「何したらいいですかぁ~」みたいな。

「お客様を呼ばなきゃいけない」ことは
だんだんわかってきます。

これが
「東京タワーに行かなきゃいけない」
だとしますね。

でも新人さんは、どうやってここから
東京タワーに行けばいいのか、
わからない。

近くにいる人に
道を聞いたりするものの、

「〇〇のバス乗って〇〇で降りたら
〇〇があるから」

・・・イマイチわからない。

で、しどろもどろ長年かけて
東京タワーにたどり着いても、
ここでまたしても悩むんですね。

「どうして
東京タワーに来たんだろう・・・」

「このまま、
この仕事でいいのかしら・・・」

このとき、
視界はこんなふうになってます。

おお~でかいですね。

 

でも、東京タワーしか
見えてませんね。

 

これが目の前のことで悩む、
という“先が見えていない状態”ですね。

でも、とりあえずの目標でも最初から、

「東京タワーに行くぞ!」

と思って行けば、そこまでの道のりを
いかに最短で行けるか、調べることが
可能になります。

しかも、道は1つじゃないことを
知ることもできますね。

実際に歩く道のりで地図が必要なら、
きっとガイドブックを買うはず。

コンサルを受けてくださる
ホステスさんにとって、
そのガイドブックは私ということです。

そして何よりも重要なことが1つ、
この地図を見てください。


大きな地図で見る

わかります?

下から見れば東京タワーしか
見えないけど、上から見れば
東京タワーの周りにはたくさんの
道があって、あなたが一歩踏み出せば
たくさんの新しい道を進める、
ということです。

今目の前の道が塞がっていても、
それで終わりではなくて、
違う道があるということ、
あなたにはこの地図と同じように、
いろんな可能性があるということ。

私はそのお手伝いをするガイドブックや
カーナビと同じなんです。

目の前に道が見えなくなったときは、
振り返ったり、
顔を上げてみてください。

 

それでも道が見付からないときは、ご相談くださいね!

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

304,129 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧