お客様をつかめない・・・どうしたらいい?

お客様をつかめない・・・どうしたらいい?
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「この人とは合わないな・・・」

接客をしていて、そう感じること、ありますよね。

ホステスも人間なので、合う・合わないはあるものです。売れっ子ホステスだって、合うお客様・合わないお客様はいます。

でも、「合わない」と感じる人が多いのであれば、それは大問題です。

なぜなら、「合わない人」が多ければ多いほど、あなたは売上を上げることが困難になるからです。

何より、仕事が楽しくないでしょう。

ホステスの仕事は『One to One』が基本なので、合わない人が多ければ多いほど、仕事は苦痛になるはずです。

『One to One』

・・・聞きなれない言葉ですよね。でも、ホステスには、とても重要なものです。この機会に、ぜひ知っておきましょう。

あなたが『お客様に気に入ってもらうために何が必要か』も、合わせてお話ししていきますね。

One to Oneとは

One to Oneとは、「1対1」という意味です。コンサル的に言うと、

  • One to Oneコミュニケーション
  • One to Oneマーケティング

といった形で使います。英語+横文字、まさに意識高い系に見えますね(笑)それぞれの言葉の意味をざっくり言うと、

  • お客様ひとりひとりに合ったコミュニケーションを取っていこう
  • お客様ひとりひとりに合った売れる仕組みを作っていこう

ということになります。この考え方は、ホステスにとっては、とても重要です。

One to Oneが重要な理由

たとえば、あなたが『ガンガン飲んで、ノリのいい接客が得意』だとします。でも、すべてのお客様に、この接客法が合うとは限りませんよね。

お客様には、いろんな方がいます。

ゆったりと飲みたいお客様もいれば、じっくり会話を楽しみたいお客様もいます。

それなのに『私は飲んで盛り上げるのが得意だから!』と、どのお席でも同じように接客していると、どうなるでしょうか。

きっと、あなたはお席に呼ばれなくなってしまうでしょう。なぜなら、『この子とは合わない』とお客様が感じてしまうからです。

そういったミスマッチを防ぐためにも、『One to One』という考え方はとても重要なのです。

つまり、ホステスにとってのOne to Oneコミュニケーションとは、

『ひとりひとりのお客様に合った接客をすること』

を意味しています。

One to Oneで重要なポイント

そこで生じるのが『どうやってひとりひとりのお客様に合った接客をすればいいの?』という疑問ですよね。

お客様は十人十色、本当にさまざまな方がいらっしゃいます。

それぞれに合わせられるようになるには、ある程度の経験値とスキルが必要なので、いますぐには厳しいかもしれません。

でも、いまのあなたにもすぐにできることがあります。それは、

ここから先は有料コンテンツです

ホステスの心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

306,761 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧