お客様をつかめない・・・どうしたらいい?

お客様をつかめない・・・どうしたらいい?
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「この人とは合わないな・・・」

接客をしていて、そう感じること、ありますよね。

ホステスも人間なので、合う・合わないはあるものです。売れっ子ホステスだって、合うお客様・合わないお客様はいます。

でも、「合わない」と感じる人が多いのであれば、それは大問題です。

なぜなら、「合わない人」が多ければ多いほど、あなたは売上を上げることが困難になるからです。

何より、仕事が楽しくないでしょう。ホステスの仕事は『One to One』が基本なので、合わない人が多ければ多いほど、仕事は苦痛になるはずです。

『One to One』

・・・聞きなれない言葉ですよね。でも、ホステスには、とても重要なものです。この機会に、ぜひ知っておきましょう。

あなたが『お客様に気に入ってもらうために何が必要か』も、合わせてお話ししていきますね。

One to Oneとは

One to Oneとは、「1対1」という意味です。コンサル的に言うと、

  • One to Oneコミュニケーション
  • One to Oneマーケティング

といった形で使います。英語+横文字、まさに意識高い系に見えますね(笑)それぞれの言葉の意味をざっくり言うと、

  • お客様ひとりひとりに合ったコミュニケーションを取っていこう
  • お客様ひとりひとりに合った売れる仕組みを作っていこう

ということになります。この考え方は、ホステスにとっては、とても重要です。

One to Oneが重要な理由

たとえば、あなたが『ガンガン飲んで、ノリのいい接客が得意』だとします。でも、すべてのお客様に、この接客法が合うとは限りませんよね。

お客様には、いろんな方がいます。ゆったりと飲みたいお客様もいれば、じっくり会話を楽しみたいお客様もいます。

それなのに『私は飲んで盛り上げるのが得意だから!』と、どのお席でも同じように接客していると、どうなるでしょうか。

きっと、あなたはお席に呼ばれなくなってしまうでしょう。なぜなら、『この子とは合わない』とお客様が感じてしまうからです。

そういったミスマッチを防ぐためにも、『One to One』という考え方はとても重要なのです。

つまり、ホステスにとってのOne to Oneコミュニケーションとは、『ひとりひとりのお客様に合った接客をすること』を意味しています。

One to Oneで重要なポイント

そこで生じるのが『どうやってひとりひとりのお客様に合った接客をすればいいの?』という疑問ですよね。

お客様は十人十色、本当にさまざまな方がいらっしゃいます。

それぞれに合わせられるようになるには、ある程度の経験値とスキルが必要なので、いますぐには厳しいかもしれません。

でも、いまのあなたにもすぐにできることがあります。それは、

  • 「あれがほしい」と想起させること
  • 購入までストレスなく進めること

この2つです。ちょっとむずかしいですね。ひとつずつ、具体的に説明していきますね。

「あれがほしい」と想起させること

「あれがほしい」と想起させることは、ホステスで言えば、お客様に、

  1. あなたと会ったことを思い出してもらうこと
  2. あなたに会いたい・話したいと思わせること

です。たとえば、あなたの印象が薄いままで終わると、お客様はあなたのことを覚えられないので、思い出してもらうことができなくなります。

また、あなたのコミュニケーション能力が低いと、また会いたい・話したいとは思ってもらえないでしょう。

この場合、『外見』と『コミュニケーション能力』にテコ入れをすることになります。

▼ 外見にテコ入れしたい場合

▼ コミュニケーション能力にテコ入れしたい場合

外見やコミュニケーション能力を改善することで、お客様に印象付け、覚えてもらえるようにします。

そこから、LINEなどでお礼やお伺いの連絡を通してアフターフォローをし、お客様にあなたのことを思い出してもらうのです。

お店で会った印象と、LINEの印象に差が生まれないように、しっかりと印象付けていくことが重要です。

自分のことがあまりよくわからない・・・という状態なら、最初にブランディングをしたほうがいいかもしれません。

▼ ブランディングとは

ブランディングとは、お客様があなたという商品や、あなたのサービスに対して持つ『イメージづくり』をして、お客様にとっての価値を高めていくことです。

ブランディングのやり方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

購入までストレスなく進めること

『購入までストレスなく進めること』とは、あなたのお店へ行くまでに、ストレスがないことです。

たとえば、あなたに会いたい・話したいと思わせることができても、実際に会うまでのやり取りに手間がかかると、お客様にストレスがかかります。

そうすると、もっとストレスのない女の子に流れてしまったり、違うお店へ行ってしまったりするのです。

だからこそ、『売れるホステスがメールやLINEの返信スピードを重視する理由』でも書いたとおり、LINEの返信スピードを重視しているのです。

また、あなた自身に問題がなくても、お店のシステムとして手間が生じる場合もありますよね。

たとえば、指名制のお店に多いのが「来店前に必ず電話をもらわないと指名にならない」というシステム。

これを手間だと感じるお客様は、あなたを気に入っていても、他のお店へ流れてしまう可能性大です。

その場合は、あなたがうまく立ち回って、お客様の手間を減らせるようにしなければなりません。

そのためにも、『営業効果を爆上げする「111361」の法則』にあるような、リサーチ力が必須になります。

One to Oneはホステスの基本

ホステスは、お客様と良好な人間関係を築くことが最大の仕事です。その中で、One to Oneという考え方は、切り離すことができません。

私はいつも「受身では売れないよ」とお伝えしていますが、受身だと、

  • 「あれがほしい」と想起させること
  • 購入までストレスなく進めること

この2つができないので、数字に反映されないのです。自分は何もせず、待っているだけでお客様が来てくださるなら、誰も苦労はしませんよね。

お客様が手間をかけてあなたに会いに来てくださるのは、その手間をかけてでも会いたいと思わせることができてから、の話です。それまでの間は、

  • 会いたい・話したいと思ってもらえるホステスになる
  • お客様の手間を最大限省く

この2つを自主的に取り組めることが、とても重要になります。そのためにも、『お客様ひとりひとりに合った接客』を、常に心がけてください。

『あなたに合うか?』ではなく『あなたが合わせる』のです。

目の前のお客様は、どういう人ですか?何を言ったら、何を言わずにいたら、喜んでくれそうですか?お客様のために、あなたにできることは何ですか?

いつも、自分に問いかけながらお仕事してくださいね。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,542 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧