接客・会話でホステスの第一印象を左右する3つのポイント

接客・会話でホステスの第一印象を左右する3つのポイント
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスとして成長するには、さまざまなことが必要だと思いますが、

  • 新人レベルでもできること
  • 新人が気を付けたほうがいいこと

は、何でしょうか。漠然と「接客スキルを磨く」といっても、幅が広すぎて何から手を付けたらいいのか、わかりません。

玲那さんが「やっておいてよかった」と思うトレーニングなどがあったら、ぜひ教えてください。

ご質問ありがとうございます。『人は見た目が9割』という本をご存知でしょうか。この本では、

言語伝達より、五感を伴う印象のほうが伝達力が高い

と述べられています。だからといって、美人が売れっ子になるかというと、そうでもありません。美人は一瞬の引きは強いですが、持続性がありません。

だからといって、中身がよくても、それを見せられなかったら無意味です。ましてや、新人ホステスにスキルがないのは当然のこと。

では、新人は何を磨くといいかというと、『ノンバーバル・スキル』です。本格的にやるとちょっと大変なので、

  • 今日から改善に取り組める
  • 見た目に変化を起こせる
  • 五感に訴えられる

この3つを踏まえた『第一印象を左右する3つのポイント』をお伝えします。

第一印象を左右する3つのポイント

ここでは、服装やメイクなどの、外見的な第一印象については触れません。そちらについては、以下を参照してください。

本記事でお伝えする『第一印象』は、ホステスの要となる『接客・会話』の部分です。

【ポイント1】話し声、話し方

「何を話すか」ばかり悩みがちですが、ここで悩むホステスさんは全員と言っていいほど、声や言葉が聞き取りづらいです。よくあるケースは、

  1. 声が細い(胸式呼吸など)
  2. 喉を傷める話し方(喉でしゃべるなど)
  3. 声がこもっている(口が開いてないなど)
  4. 早口(不安、焦りなど)
  5. 活舌が悪い(表情筋を動かさないなど)
  6. ボリュームコントロールができない

大体、この6つ。30代前半以下のホステスさんに多いのは、母音がミックスされること。

たとえば、『玲那』の語尾母音は「あ」ですが、これが「え」になる子が多いです。この話し方は、非常に頭が悪そうで、ヤレそうです!

悪い意味で五感を刺激してしまうので「何を話したらいいか?」の前に、

  • ハキハキと
  • 適切な音量で
  • 相手のテンポに合わせて

話せるようになってください。

【ポイント2】ジェスチャー

私の知る限り、ほとんどのホステスは、

 

玲那
玲那
お地蔵さんかな・・・?

 

と思うくらい、動きません。鈴木奈々ちゃんみたいなオーバージェスチャーは邪魔ですが、まったく動かないのも問題です。

顔を変えたり、メイクや衣装に凝ったりするのと同じくらい、ジェスチャーも取り入れてほしいですね。

ジェスチャーを取り入れるだけで、大きなメリットが2つあるからです。

ひとつは、触ろうとする人の手を、意図的に払えること。相手が手を伸ばした瞬間に、話に合わせて手を動かすと、手がぶつかったフリで弾き飛ばせます。

もうひとつは、伝えたいことが伝わりやすくなること。膝に手を置いて「嬉しいです!」と言われるより、ガッツポーズで言われるほうが、感情が伝わります。

【ポイント3】視線

「何を話そうか」と考えているホステスさんは全員漏れなく、目が泳いでます。その時点で、

 

話聴いてないな
玲那
玲那

 

と、バレます。また、お席全体に視線を動かせないホステスさんを見ると、

 

この子は複数接客が苦手なんだな
玲那
玲那

 

と、わかります。視線は心の状態を表しやすいのですが、ほとんどのホステスは気にしません。

でも、これも「何を言うか」以上に、気にしてください。じゃないと、何を言っても台無しになります。

逆に、お客様の目をガン見するホステスさん、怖いです。視線を向け続けると、人は居心地の悪さを感じるので、適度にそらして息抜きさせてあげてください。

下を向くと真面目・悩み中・おもしろくない、上を向くと記憶を辿る・楽しい想像・楽観的、といった印象を与えます。

まとめ

  • 聞き取りやすい声・話し方を練習
  • ジェスチャーを取り入れる練習
  • 視線を意図的に使う練習

この3つは、接客態度や会話の印象を変えるものなので、ぜひ取り組んでください。

私は長く舞台演劇をしていたおかげで、この3つは難なくできますが、実際にかなり役立ちました。

自分で考えて自己流でやるのではなく、だれかの真似をすると、身に着くのが早くなります。

芸能人をお手本にする場合は、徹底的にその人の言動や視線を研究して、その人になり切る!くらいの勢いでやるといいですね。

注意していただきたいのは、『お客様だけにやってもダメ』という点。

スタッフにも、同じように接してください。スタッフに嫌われたら、待機要員になります。

新人さんは『新鮮さ・素直さ・明るさ・勤勉さ』が求められますので、第一印象でこれが伝わるようにしましょう。

感情の波で、暗くぼそぼそとしゃべってしまう場合や、人の視線が怖いという場合は、スキルが役に立たないメンタル状態です。

まず、メンタル改善から着手しましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,906 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧