ヘルプホステスの心得

ヘルプホステスの心得
ホステスの心得

ホステスとして働くとき、誰もが一度は通る道がヘルプのホステスです。ヘルプとは、指名が入っているホステスのお手伝いをすることを意味します。

一見自分には利益がないから適当にしても良さそうだど思っていまいがちですが、ヘルプのときの頑張り次第でこれからのホステスとしての未来が変わってくることもあるので、しっかりとヘルプとしての心得を学んでおくことが大切です。

指名ホステスを立てる

ヘルプの一番の役割は、指名されているホステスの顔を立てることです。

指名ホステスと一緒に席についているときは、その場を盛り上げることに重点を置き、指名ホステスが席を外したときには、場をつながなければいけません。

その際、指名ホステスよりも目立たないことやお客様と連絡先の交換をしないなど、気をつけることもたくさんあります。

気を遣ってばかりで、いいことなんて何もないように感じるかもしれませんが、ヘルプとしての役割を完璧に果たせるようになったときには『空気を読む力』が備わっています。

これは、ホステスとして働く上で大きな武器になりますので、自分のスキルアップのためだと思ってがんばりましょう。

指名ホステスの接客を学ぶ

ヘルプとして席についていたら、指名ホステスの接客を、実際に自分の目で見て学ぶことができます。

お客様の反応も、第三者からの目線で見ることができるため、お客様が何を言われたら嬉しいのか、何をしたら喜ぶのかを間近で研究することができるのも、ヘルプだからできることです。

ホステスとして働いて間もないのであれば、接客が上手なホステスを見てマネすることから始めてみることもオススメです。

その経験を積んでいくことで、自分なりの接客ができるようになるのです。

適当な接客をしない

自分になかなか指名が入らず、ヘルプとして席につくことが多いホステスにありがちなのが、適当な接客をしてしまうことです。

たとえば、自分より後に入店したホステスが指名されていて、そのヘルプとして接客するとなると、誰だっていい気はしないはずです。

でも、そこで適当な接客をしていると、お客様もその態度を見ています。

もしかしたら、同伴客から指名をもらえるチャンスがあるかもしれないのに、自らチャンスを逃している可能性もあるのです。

だから、「ヘルプとしての接客だから適当にしてもいい」という考えは捨てて、どの接客にも自分ができる精一杯の接客をするよう心がけましょう。

まとめ

  • 指名ホステスを立てる
  • 指名ホステスの接客を学ぶ
  • 適当な接客をしない

今回の記事では、ヘルプホステスの心得をご紹介しました。

ヘルプと聞くと、指名されているわけではないから、適当に接客しても大丈夫と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ヘルプとしてスキルを磨くことで、ホステスとしてのあなたの価値は必ず高くなります。

そのことを忘れず、ヘルプとして接客にあたるときも、丁寧な接客を心がけるようにしてみてください。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

sakura

11,088 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧