愛されたければ、自分を愛せるようになること

愛されたければ、自分を愛せるようになること
ホステスの心理学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

あなたは、自分のことをちゃんと愛せていますか?

ありのままの自分ではだれからも愛されない、と思っているなら・・・厳しい言い方ですが、それはあなたの努力不足です。

今の自分ではダメだと思うのは、自分のことを愛せていない証拠。しかも、

  • 自分のどこがきらいなのか
  • なぜきらいなのか

が明確にもかかわらず、変わる努力をしないでいるのは、怠けている以外の何ものでもありません。これは、過去の私にも言えること。

自分自身が変わろうとしない限り、一生いまのまま。明日も明後日も、1年後も10年後も、無価値観を背負って生きていくしかありません。

それがイヤなら、努力することです。

まず「変わろう」と意識&行動する

ありのままでは愛されないと思っているのは、自分のことをよく知っている証拠でもあります。

どうすれば幸せになれるかも、本当は分かっているはずです。それなら、自分を幸せにする努力をするべき。

太っているせいで愛されないと思うなら、辛くてもダイエットして痩せる努力をする。

頑固な性格で人にきらわれると思うなら、素直になろうとがんばってみる。

実現できるかどうかはさておき、自分を変えようという意識を持って行動する。それが何よりも重要です。

今の自分がどんなにきらいでも、自分をあきらめてはダメです。自分で自分をあきらめたら最後、本当にだれからも愛されなくなります。

自分の存在が呪わしかった私

私は20代前半まで、自分のことが大きらいでした。大きらいを通り越して、本気で存在が呪わしいくらい。

でもその反面、愛されたいという気持ちも強く持っていたと思います。

だからわかってもらえないことがつらいし、受け入れられないと知ると傷つくし、否定されることが怖くて素直になれない。

本当に自分のことがどうでもよかったら、だれにわかってもらえなくたって傷つかないはずです。

お客様も、自分のことをわかってほしい、存在を認めてほしいという気持ちで飲みに出ます。

自分を粗末に扱っているお客様ほど、女の子も粗末に扱います。人への接し方は、その人の心の在り方を確実に表す。

お客様に愛され支持されることが仕事であるホステスは、自分のことを愛せる人でないと上にはいけません。

自分のことが大きらいで、粗末にしてばかりのホステスは、絶対に売れません。自分のことがきらいなら、まず自分を愛せるようになりましょう。

その意識と行動は、確実にあなたを愛される人へと変えてくれます。

愛すべき良いところが見つけられないときは、あなたを支持してくれているお客様に訊くといいですよ。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,539 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧