私が【ホステス】にこだわる理由

私が【ホステス】にこだわる理由
OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

私はどんなに時代遅れと言われようと『キャスト』とは言いません。言葉が持つ意味を大切にしたいと思うからです。

日本の接客スキルはトップレベル、世界最高峰と言われています。

世界中の接客業の方々が、日本の接客を学ぼう、日本の心を学ぼうとするくらいです。

ところがその国に住んでいる私達日本人は、諸外国の方々がお金を払ってまで学ぼうとする和の心を見ずに、次から次へと横文字&カタカナが飛び出し、本質をすっかり忘れている様な気がします。

おもてなしの心はそもそも日本がお手本になっています。

心を込めてお客様のお世話をする、それがおもてなしであり、接客であり、ホスピタリティです。

ホステス、ホストというのは、日本では職業として呼ばれていますが、これは日本だけです。本来は、

  • ホステス=お客様をおもてなしする女性、お客様のお世話をする女性
  • ホスト=お客様をおもてなしする男性、お客様のお世話をする男性

です。こういう、言葉が持つ意味って、とても大切だと思うのです。

横文字がお好きなら、「理解する=understand」で考えてもいいですね。

これは【相手より一段下りて立つ】という言葉です。【聴いてあげる】ではなく【聴かせていただく】。【してあげる】ではなく【させていただく】。

【理解してあげる】ではないんです。

理解したいと思う側が一歩下がるのがおもてなしの心。お客様に喜んでいただきたい、そう思うことからおもてなしは始まります。

それは喜んでいただけたら自分も嬉しいから、自分も一緒に喜びたいからやるんです。

お客様を理解したい、と思うから会話は進み、お互いの距離が縮まります。

楽しんでいただこう、と思うから努力が必要なことも苦にならず、自分もそれを楽しんでやれるワケです。

『心の交流』は、私のホステス時代の信念であり、ホステスという仕事に誇りを持っていました。

  • 心を持たないホステスに、ホステスでいる資格はない
  • 心を忘れた人に、その先に開ける道はない

これが私のポリシーだったワケです。なぜなら、私たちの提供するサービスは、形がないから。

形がないものを商品とする以上、心がなくなったらそれは詐欺と同じじゃないでしょうか。

キャストという言葉自体は、否定しません。その言葉で、プロとして仕事を全うできる人もいると思います。

でも、私は「お客様をおもてなしする」という精神を忘れたくない。だから『ホステス』にこだわりたいと思っています。

 

 LINE@

Zoom心得座学

 座学

マンツーセッション

 コンサル

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,982 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧