元No.1ホステスから「心の交流」を目指すあなたへ

ホステスの心得

仕事のミスを引きずるホステス5つのタイプは?

更新日:

仕事のミスを引きずるホステス5つのタイプは?

© ホステスの心得

こんにちは。
ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。

目次はこちら

仕事でミスをして、
いつまでもそのミスを引きずってしまう
ホステスがいます。

「次またあのミスをしたらどうしよう・・・」
「なんであんなミスをしたんだろう・・・」

とミスに対して、
とてもナーバスになっている人もいれば、

「あのミスはわたしのせいじゃないし!」
「あんなものはミスでもなんでもない!」
「あのお客様が悪かったんだ!」

と少々卑屈に考えている人もいます。

いずれにしても
ミスを引きずるのは良くない。

ミスを引きずるホステスのタイプ、
どう考えていけばいいのかなどを
5つのタイプに分けて考えてみます。

 

仕事のミスを引きずるホステス5つのタイプ

妄想が激しいタイプ

一度ミスをしてしまうと、
同じシチュエーションのときに
「また失敗するのでは・・・」と
意識してしまうことがあります。

ミスを引きずらないようにするには、
「今に集中するしかない」のですが、
ミスが気になってしまうと思うように
仕事がはかどらなくなってしまいます。

「妄想」は、
起きる可能性の低い最悪の場面を想像して
そのシーンを心に焼き付けてしまうことを
いいます。

実はこのような妄想によって、
過度に心配してしまう人は多いのです。

もちろん良い側面もあります。
また同じミスをしないように
リスクマネージメントができますよね。

ただし妄想までしてしまうと、
結果ばかり考えるようになり、
最悪の場合は不眠や過食に陥るなど
メンタルに大きな影響を与えることも。

多くの場合、妄想はとりこし苦労です。

現実的なことを考える癖を
つけておくようにしましょう。

 

集中力なさ過ぎるタイプ

過去に起こしてしまったミスが
自分にとって大きいものであった場合、
そのミスにとらわれすぎて
今に集中できなくなることがあります。

このタイプの場合、
先ほどの妄想する癖があることも多く、
今度は「ミス」という経験の再体験を
異常に恐れるわけですね。

誰しも過去のミスを思いだして、
落ち込んだり不安になることはあります。

でも心配や不安を失くすには、
「いま目の前のこと」に
集中するしかないのです。

過去のミスにこだわって集中できないのは
自信のなさの表れでもあります。

だからこそ「今」に目を向けて、
そこに必死になってみてください。
どうしてもできない!という場合は、
「集中しないこと」によって
何かしらのメリットがある状態ですので
そのメリットが何か?を探りましょう。

 

背伸びしすぎるタイプ

ミスを起こしたことを受け止めきれずに、
将来の大成功を夢見ることによって
消してしまおうと考える人がいます。

もちろん将来の夢や目標に向かって
がんばることはとても大事なことです。

でもそれが目的ではなくなり、
あまりにも現実離れしたようなことを
しようとしている場合には
余計に苦しくなってしまいます。

誰にでも無限の可能性があります。

ただ「今できること」は限界があります。
必死に背伸びをしたところで
今日明日にどうなるわけではない。

背伸びしすぎるホステスは、
自分を良く見せようとするだけではなく、
現実の等身大の自分を受け止めることも
できていないことが多いのです。

まず「いまの自分」を受け入れましょう。
すべての成長は、そこからスタートです。

 

決めつけすぎるタイプ

「どうせこんな店で働いてたって・・・」
「あのお客様はどうせそんな人だから・・・」
「ママは私を嫌ってるから・・・」

仕事のミスは人間関係に絡むことも多く、
どうしても批判的に捉えたくなる場面が
たくさんあるでしょう。

でも先入観や決めつけは、
何ひとつ得することはありません。

だってそれは、
あなたの目に見えている物事や相手の
「ほんの一面」に過ぎないんですから。

お客様に嫌な部分があったとしても、
それがその人の人格のすべてではないし、
ママからの言葉も周りの反応も、
物事の全体からすればほんの一部です。

それを「すべて」と捉えることは
自分を正当化しているに過ぎません。

少なくとも自分のミスを素直に受け止めて
謝罪や改善行動を素直に実行できるなら、
周りから執拗にネガティブな言動をされる
事態にはなりません。

※もしも素直に行動しているにも関わらずずっと攻撃してくるようならそれはもはや相手の頭がおかしいので距離を置いてください(笑)

 

現実逃避しすぎるタイプ

ミスを引きずらないように日常から離れて
ストレス発散をすることは良いことです。

気分転換や活力の充電になりますよね。

またそうやって休息を挟むことで、
ミスを受け止められることもあります。

でもその「ストレス発散」が
ただの現実逃避であるなら、
いつまでたっても変わりません。

また同じミスを繰り返します。

ミスしたときは、そのミスを振り返って
冷静に分析することが重要です。

自分の足りなかった部分や、ミスの原因、
次どうしたら防げるか?などを
経験から学ぶことができます。

これこそがあなたを成長させてくれる、
大事な時間なのですよ。

 

まとめ

今日は1つの課題を細かに見たので、
特にまとめはないのですが(笑)

とにもかくにも「いま」ですよ。

将来が不安なら「いま」を真剣に生きる。
ミスを防ぎたいならあらゆる可能性を
最大限踏まえ「いま」できることをやる。

明日どうなるかなんて誰にも分からないし
ミスしない人なんかいないんですよ。

どんなに売れてるホステスでも、
どんなに名を馳せているママでも、
思い出しただけでも恥ずかしくなるような
大きなミスをした過去があるものです。

だからこそ成長したのですよ。

「売れっ子ホステス」という一面だけ見て
さも完璧な人間のように捉えて卑下せず、
たくさん失敗したからこそ
この人はいまこんなに売れてるんだな、
という目で考えてみてください。

参考完全匿名&アカウント不要&無料で使えるREINAの質問箱はこちら♪

 

色恋

売れっ子ホステスの心得

色恋

【用語辞典】色恋に関する質問回答まとめです。

見てみる?

レストランで誰かを待つ男性

メンバー限定

約束を守らないホステスは絶対に売れない(色恋枕以外では)

約束を守らないホステスが売れない理由と自信を持てない原因、改善法を解説します。

見てみる?

心理学

自己肯定感とはどう作られるのか

自己肯定感が下がる仕組み。

見てみる?

人の目が気になって何もできないホステスさんへ

売れっ子ホステスの心得

人の目が気になって何もできないホステスさんへ

私も人の目を気にして生きてきた人間です。

見てみる?

バレンタイン準備の前に重要な「ホステスの営業活動」の心得

売れっ子ホステスの心得

バレンタイン準備の前に重要な「ホステスの営業活動」の心得

バレンタインに限らず、ホステスの営業活動に関するすべてに共通する、本当に重要な心得です。

見てみる?

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴9年目に突入しました。プライベートではMダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好き。音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)で最近はどっぷりドラムにハマッています♪

-売れっ子ホステスの心得
-, , , ,

Copyright© ホステスの心得 , 2019 All Rights Reserved.