バレンタインのカードに書く文章が浮かばない!【例文あり】

バレンタインのカードに書く文章が浮かばない!【例文あり】
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「文章作成って、むずかしい!」

そう思うことは、ありませんか?この時期になると、バレンタインの贈物をお客様の会社へ送るとき、カードや添え状が必要ですが、

 

どう書けばいいかわからない
ホステス
ホステス
バリエーションに困る
ホステス
ホステス

 

という状態に陥っているホステスさんが、とっても多いです。そうなる要因を見ていると、

  • 伝えたいことはあるものの、それを言葉にすることがむずかしい
  • 完璧主義に傾きやすい(クオリティを重視しがち)
  • あちこちに思考が飛んで、頭の中がまとまらない

などがあるようです。

何をもって『完璧』なのか、明確なラインもないのに、完璧を目指してみたり。あれもこれも~と詰め込もうとして、結局まとまらなかったり( ̄▽ ̄;)

そんな私が言っても説得力に欠けますが、体感として、

  • あまりむずかしく考えない
  • マイルールをつくる

というのが、一番スムーズにいくと思います。

あまりむずかしく考えない

文章を書くとき、苦手意識が強い人ほど、いろんなことを一気にやろうとする傾向にあります。

文章作成って、実は、いくつもの工程があるのですよね。たとえば、

  1. 伝えたいことを考える
  2. 敬語に変換する
  3. 表現や単語を変える
  4. 文体を整える

というように、ざっくりわけても、4つの工程があります。

これを一気にやろうとする上に、自分の能力や実力以上のことをやろうとするので、とてもハードルが高くなるのです。

しかも、とても抽象度の高い『理想』が絡まってきますよね。たとえば、

  • 気の利いたことを言いたい
  • お客様の心を動かしたい(喜んでほしい、など)
  • お客様に行動させたい(来店や連絡をさせたい)

などなど、いろんな感情があるはずです。これらのことを「うーん・・・」と宙を眺めながら考えているので、なかなか進まないのですよね。

なので、まずはシンプルに『伝えたいこと』を書き出すことです。

タメ口&箇条書きでいいので、バーッと伝えたいことを書いていきましょう。たとえば、

  • よかったら食べてねー
  • 体に気を付けてねー
  • 風邪ひかないようにねー
  • またお店来てねー

みたいに。これを敬語にしていく、と考えれば、ずいぶんとハードルは下がると思います。

マイルールを決める

そして、文章をつくるときには、マイルールを決めましょう。

たとえば、私が本サイトで紹介しているお手紙は、頭語から結語まで、『どこに何を書き、何文字以内に収めるか』がきっちりルール化されてあります。

このルールに従って文章をつくることに慣れれば、少なくとも、

  • 何をどこに書けばいいか
  • どれくらい書けばいいか

という問題は、省けますよね。それと同じで、バレンタインに添えるカードも、ルールを決めてしまいましょう。

ルールをつくる際に、もっとも重要なことは、『終わりを決めること』です。

何文字以内なのか、何行以内なのか、何枚以内なのか、などなど、『ここまでで終わり』という明確なラインを決めることが、何よりも大切です。

そうしないと、ただただ伝えたいことを羅列した、長文の読みにくい文章になってしまいます。

ちなみに、バレンタインのカードについては、

 

玲那
玲那
2文程度でいいよ

 

と、いつもアドバイスしています。2文とは、『。』までの文章を1文として、2つの『。』までです。たとえば、

すっかりご無沙汰だけど、元気してる?

最近、すごく寒いね。

風邪ひかないように、気を付けてね。

上記は『3文』です。

3文でもいいのですが、カードの場合は、余白が多ければ多いほど、品よく高級感が出るので、2文がおすすめです。

バレンタインカードの一筆例文

それでも、実際にどんな文章を書けばいいのか・・・と悩むかもしれませんよね。

また、ひとつの会社に複数の贈物をする場合などは、全員に同じ文章で送るのはチョット気が引けます。

 

2~3パターンは浮かぶけど、バリエーションがない・・・
ホステス
ホステス

 

ということもあるでしょう。そこで、バレンタインカードに使える例文を、30ほどつくりました。

1文×30なので、組み合わせを変えるだけで、かなりのバリエーションになると思います。

クラブホステスさん向けにつくったので、文章は硬めです。あなたとお客様との関係性に合わせて、言葉を砕いて使ってもいいですね。

あなたのお仕事がスピーディーに運ぶよう、参考にしてください。

  1. 日ごろの感謝を込めて
  2. いつもあたたかいお心遣いをありがとうございます
  3. 〇〇さんには感謝の念が絶えません
  4. いつもやさしく見守ってくださりありがとうございます
  5. ときには羽を休めてくださいね
  6. 心ばかりですがご賞味ください
  7. ささやかですがご笑納いただけますと幸いです
  8. 気持ちばかりですがお納めください
  9. よかったら休憩時間にでも召し上がってくださいね
  10. 束の間の休息になりますと幸いです
  11. 風邪など召されませぬようご自愛ください
  12. ご自愛専一にお過ごしください
  13. つつがなくお過ごしくださると幸いです
  14. 何卒ご自愛くださいませ
  15. どうぞお健やかにお過ごしくださいませ
  16. 幸多き春の門出となりますように
  17. ときには羽を休めてくださいね
  18. ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます
  19. またお会いできます日を心待ちにしております
  20. またお目にかかれます日を楽しみにしております
  21. 再び語らえる日を心待ちにしております
  22. ご無沙汰になり申し訳ありません
  23. ご無音打ちすぎ申し訳ありません
  24. お変わりございませんか?
  25. その後お変わりなくお過ごしでしょうか
  26. 今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます
  27. 笑顔あふれる春となりますよう心よりお祈り申し上げます
  28. ひとときの癒しとなりましたら幸いです
  29. 時節柄ご自愛のほどお祈り申し上げます
  30. どうぞお身体を大切になさってください

2月の結びの挨拶も、一筆に使えるものが多くあります。そちらもぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

652,032 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧