ホステスが会話上手になるための必須条件

ホステスが会話上手になるための必須条件
ホステスの心得|OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー
秋好玲那です。→目次はこちら^^

「何を話せばいいか」
「会話が続かない」

という点で悩むホステスさんが
あまりにも多いので、ホステスが
会話上手になるための必須条件

ついて。

会話が続かない理由には様々な要因が
あり、発達障害や精神疾患などが影響
している場合もあります。

発達障害の方は、
以下の記事を参考にしてください。

発達障害のホステスが売れることは不可能なのか

ここでは、メンタルやスキル面から
お話しします。

会話上手になりたければ相手を理解すること

ホステスが会話で困る原因は、2つ。

  1. お客様のお話を聞いていない
  2. お客様のお話を理解していない

これに尽きます。

じゃあ、お客様のお話を聞かずに
何を考えているかというと・・・

  • 自分がお客様にどう見られているか
  • お客様に嫌われないか
  • お客様に気に入られるか
  • 次もお客様に来てもらえるか
  • 次もお客様がお席に呼んでくださるか
  • お客様に(存在を)拒否されたらどうしよう
  • お客様に褒められなかったらどうしよう
  • お客様に優しくしてもらえなかったらどうしよう

そんなことをグルグル思いながら
「何を話そうか」「何をしようか」
ばかり考えていませんか?

その間、お客様が何を話していて、
何を伝えようとしているか、
ちゃんと理解できていますか?

「何か話さなきゃ」に必死で、
しっかり理解ながら聴いているとは
言い難いのでは?

売れっ子ホステスで「何か話さなきゃ」
「自分がどう見られているか」などを
考えながら会話している人は、
1人もいません。

【会話上手の条件1】考え方を変える

あなたから見て売れっ子ホステスは、
『うまいなあ』と感じる発言・トークが
多いと思います。

でも誰ひとりとして
「うまいことを言おう!」と思って
言っているわけではありません。

語彙力や表現力、感受性や経験値などは
長けていると思いますが、基本的には、

『お客様のお話を聴いて、
 思ったこと、感じたこと、
 考えたことを話しているだけ』

なのです。

それを『会話スキル』と勘違いして
いるから『何かうまいこと言わねば!』
と力むのです。

気持ちは分かりますが、
その意識のせいであなたは結果として
『よく見られる』どころか、
悪い印象を与えてしまいます。

本当によく見られたいのなら、

  • 何か話さなきゃ
  • うまいこと言わなきゃ
  • よく見られたい

まずはこの3つの意識を捨てましょう。

【会話上手の条件2】相手の話を聴く

コンサルでも多く見かけるのは、
相手の話を聴けないホステスさん。

会話上手になりたければ、
相手の話をしっかり聴くこと。

お客様の言ったことが
分からないときは、

 

ホステス
ホステス
今のお話は
〇〇ということですか?
ホステス
ホステス
それって〇〇ですよね?

 

と、素直に質問することも、
立派に会話です。

ホステスは噺家じゃないんだから、
話すことばかり考えなくていいのです。

仮に、あなたが
小話ネタを持っていたとしましょう。

でも、『お客様がどんな話題を楽しいと
感じるのか』がわからないと、
どのネタを話せばいいかすら
分からないでしょう。

それを知るためにも、
まずは聴くことに集中してください。

【会話上手の条件3】相手の話を理解する

あなたは、
自分や相手が『理解してくれる前提』で
話しているのではないでしょうか。

実は、Aという話をしても、
Aだと理解できる人は少ないのです。

たとえば、私は趣味でドラムをやって
いますが、ドラム自体に興味を持って
いる人は少ないはずです。

そのため、興味のない人にとっては
非常につまらないので、
聞き流すことになります。

あなたもきっと、聞き流すでしょう。

『ドラムの話』だと思って、
その話を聞いているからです。

でも実際には、

  • 私が勉強する側になったときはこういう意識でやっている
  • 私はスキルアップのために毎日こんな取り組みをしている
  • 私が教わるときはこういう姿勢で教わる

といった、
「勉強や習得法に関する話」を
していたりします。

表面上の『ドラムの話』だけを
認識して聞いていると、
「何を伝えたくてその話をして
いるのか」がわからなくなるのです。

『何を伝えようとしているのか』に
意識を向けられるようになりましょう。

『話していること』よりも
『何を伝えたいのか』に気を配ると、
お客様への理解は深まり、話も弾み、
あなた自身も多くの学びを得られます。

 

まとめ

  • 「何か話さなきゃ、うまいこと言わなきゃ、良く見られたい」を捨てる
  • しっかり話を聴く
  • 『何を伝えたくてこの話をしているのか』を理解する

 

そもそも、お客様と会話をしているのに
自分のことばかり考えているのは、
お客様に対してとても失礼です。

あなたも、一生懸命話しているのに
彼氏が上の空で都合よく聴いていたら、
嫌でしょ?

会話上手とは、おもしろおかしく
小話をすることではありません。

そこを目指すなら、落語家とか
お笑い芸人になったほうがいいです。

ホステスの会話は、お客様が主役。

これを忘れないように。

早く結果につなげたいなら、日常の
あらゆる場で
「この人は何が言いたいのかな」
とアンテナを立てる訓練をしましょう。

場数をこなせば必ず上達しますので、
あきらめずに繰り返してくださいね。

 

「お客様の真意がわからない」

などのお悩みがありましたら、
遠慮なくご相談ください。

丁寧にヒアリングして
真剣に回答します。

⇒ご質問やご相談はこちら

 

ホステスの心得

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

218,796 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧