「何を大切にしたいか」で売り方やターゲットが大きく変わる

「何を大切にしたいか」で売り方やターゲットが大きく変わる
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

本日は、ターゲティングについて。ターゲティングとは、

どのセグメントをターゲットマーケットにするか、ディサイドすること

意識高い系をマネして、無理やりカタカナで書いてみました。ぜんっぜんわからん。日本語で書くと、

どの顧客層を標的市場にするかを決めること

わかりやすい。要するに、

  • 40代
  • 男性
  • 管理職
  • 関東在住

など、「商品やサービスを買ってくれそうな人」をざっくりと決めることを、マーケティング用語で『ターゲティング』と言います。

ホステスは、営業職にもかかわらず、マーケティング知識がほぼゼロに等しいですよね。

なので、「ターゲティングしてください」と言うと、どうしても『理想のお客様』を作り上げてしまいがち。

 

玲那
玲那
そんなやつおらへんやろー!

 

という人をターゲティングして、自分で「こんな人、いるの?」と疑問に思うホステスさんもしばしば・・・。

そこで、これを機に、一緒にターゲティングしていきましょう。一番カンタンな方法は、現在の顧客層から洗い出すことです。

全顧客をランク分けしたリストを基にターゲティング

リストを作成すると、漠然としていたものが明確に見えてくることがあります(リストのつくり方自体がわからない方は、こちらを参考にしてください)。

たとえば、Aランクをつけている人たちを見てみてください。

  • 太い金額を使ってくれる人が多い
  • 金額はそこまで太くないが来店頻度の高い人が多い
  • 人を連れて来てくれる人が多い
  • 接待客が多い

など、傾向が見えてくるはずです。

日常では、お店から急き立てられたり、一緒に働くホステスの目を気にしたりで、目につきやすい数字に囚われやすい。その最たるものが、売上ですよね。

たしかに、売上は重要です。ただ、「あなたが何を大切にしたいのか?」をしっかり理解しておくことも、売上を作る上で絶対に欠かせないこと。

なぜなら、そこでターゲット層が決まってしまうからです。

「何を大切にしたいか?」を真剣に考えてターゲットを決める

あなたがホステスとして結果を出す上で、あなたは何を大切にしたいでしょうか。Aランク客を見て、真剣に考えてみてください。たとえば、

  • 太い金額=高単価&効率重視
  • 高頻度の来店=人間関係構築
  • 人を連れてくる=人間関係構築のサポート
  • 接待客=ビジネスのサポート

などですね。これによって、あなたの営業方針も商品作りも、勉強の仕方までもガラリと変わります。

極論な話、高単価&効率重視であれば、私のサイトを読んでも、あまり意味がありません。なぜなら、私のサイトは、

  • お客様との人間関係構築
  • お客様の人間関係構築のサポート
  • お客様のビジネスのサポート
  • お客様の人生のサポート

を軸としているので、結果を出すには、ある程度の時間がかかります。

顧客数は多く持てるので、安定した売上を維持しつつ上げていくことはできますが、効率よく高単価はむずかしいです。

高単価&効率重視を望むなら、色恋枕をしたほうが早いので、色恋枕を発信しているサイトを読んだり、色恋枕を教えてくれるコンサルを見つけたほうがいい。

というように、『自分が大切にしたいもの/現実のギャップ』が、売れないホステスには生じているのです。

このギャップに気付かずにいると、ターゲットも変わってしまい、何をしたらいいか分からなくなるのですよね。

現役時代の私が大切にしていたもの&ターゲット

私が現役時代に大切にしていたものは、お客様と心の交流をすること。

心の交流(心通うお付き合い)を大切にしたいということは、思いやりがあって、人の痛みがわかるお客様がターゲットになります。メリットは、

  • 来店や同伴の頻度が上がる
  • 良客が増える
  • 良客を連れて来てくれる
  • 色恋一切不要
  • マメ営一切不要
  • アフター一切不要
  • お酒を飲めなくてもOK
  • 席にいなくてもOK
  • 売上を落とさずに上げていける
  • 引退後も関係を継続できる
  • 「人対人」として付き合える

デメリットは、

  • 1回の来店で高額を使わせることは不可能
  • お店以外での雑務が増える
  • お店以外での接点が増える
  • 意識しないと休みがない状態になる
  • 本質(内面)を問われる
  • オールマイティな努力必須
  • アナログ的営業が必須

などでしょうか。

実際、現役時代はとても忙しかったし、肉体的にも大変な時期はありましたが、ターゲットがしっかりしていたおかげで、ストレスはありませんでした。

一晩で数百万円を使ってわがまま放題言われるくらいなら、素飲みでも毎日顔を出してくれるほうが嬉しかったし、あたたかいお客様に囲まれて幸せでした。

 

あなたは、何を大切にしたいですか?

お金ですか?
気持ちですか?
それとも、ほかのものですか?

なんでもいいので、ホステスをやっていく上で「これを大切にしたい」という軸をつくってみてください。

そうすることで、ターゲティングがしやすくなります。もちろん、いまいるお客様の中で、一番好きな人を選んでもいいでしょう。

ひとつでもバシッと方針が決まれば、営業の仕方や勉強の方向性が決まります。ぜひ、考えてみてくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,956 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧