黒服から見た「水商売で成功する人」のたったひとつの共通マインド

黒服から見た「水商売で成功する人」のたったひとつの共通マインド
売れるホステスのつくり方

ススキノで35年間黒服をして働き、現状の接客業に危惧を抱いていたところ、ちょっとしたきっかけで、玲那さんとご縁をいただき・・・

なんと、今回、こうして『ホステスの心得』で、お話をさせていただくことになりました。

つたない文章で恐縮ですが、気持ちを込めて書こうと思います(照)よろしくお願いいたします。

黒服から見た売れっ子ホステス

ボクは、18歳から夜の世界に入り、何千人ものホステスを見てきました。指名制のお店で言えば、

  • 一日平均15本の本指名を取り続ける売れっ子さん
  • 月間でも、10本も指名が取れないキャストさん
  • 週3回の出勤でも、必ずなんと、一日2~3本の本指名を取るバイトさん

などなど。その上で気付いた、売れっ子ホステスになる人のたったひとつの共通点について、黒服の見解をお話ししたいと思います。

水商売で成功する人の共通点とは

先述したとおり、水商売で成功する人にはたったひとつ、共通点があります。

その要素を持っているだけで、必ず指名に結び付き、早期に結果を出すことができる。水商売に限らず、人間関係を構築する上での必須条件とも言えます。

さて、何だか分かりますか?そう、『感謝の気持ち』です。

 

なあんだ、そんなことか

 

と思うでしょうか。あなたは『持っている』と胸を張って言えますか?

では、『感謝の気持ち』がどのくらい数字に影響するか、考えたことがあるでしょうか。

お店とは人が集まる場所=社交場と心得る

そもそも、お店という場所は、さまざまな人間が集まって、経済活動がなされる場所です。

  • お会計をいただくお客様
  • 一緒に働くホステス・キャスト
  • 営業をコントロールするスタッフ
  • 経営者やオーナーママ

これらはすべて、あなたの売上に関わっている人たちです。

お客様は、あなたの報酬となる原資を支払ってくれる、一番影響のある存在。一緒に働くホステスやキャストは、お客様を一緒に接客してくれる存在。

スタッフは、お客様を接客する準備、接客以外のほとんどのことを担ってくれる存在。経営者やオーナーママは、すべての責任を負ってくれている存在。

これだけ多くの人が集まって、売上金が発生するのです。つまり、『人間関係をどう構築するか』が大きな要因となります。

「感謝」は水商売の要である人間関係の重要な鍵

その人間関係を構築する上で重要な鍵となるのが、感謝を表すこと。

  • 「ありがとう」などの感謝の言葉
  • 感謝の言葉を添えた贈り物
  • 感謝を伝えるための行動

これらの繰り返しによって、『私はあなたに感謝している』と深く意識させることが重要です。

お客様への「感謝」を表す行動と結果例

たとえば、来店礼状でお客様に感謝の気持ちを伝える。これによって、

  • お客様自身の行為を肯定する(させる)ことができる。
  • 自分自身に「お客様は特別な存在である」と認識させることができる。
  • 感謝され特別な存在となったお客様は、あなたに対して他のホステスと違う感情を持つ。

上記のような効果が見込めます。それだけで、次回来店の動機要因のひとつになります。

 

お客様
お客様
どうせ遊んで金を使うなら、感謝してくれるあの子の店に行こう

 

こんなふうに思ってもらえたら、まずは成功!ではないですか?確かに、実際はこんな簡単に行きません。しかし、

これらの効果は、必ずあります。

合わせて、良質のお客様であればあるほど、わざわざお礼状を送ってくれた手間と書く時間に対して、大なり小なり感謝を抱きます。

きちんとあなたの感謝が届き、心に響けば、

 

お客様
お客様
お手紙届いたよ。わざわざありがとう

 

と、メールやLINEが確実に届きます。こうなれば、次回来店の際、指名につながるのはほぼ確実です。

一緒に働くホステスへの「感謝」を表す行動と結果例

一緒に働いているホステスに、

 

この前は助けてくれてありがとうね!
お客様が、「ヘルプなのにがんばってくれてありがとう」って言ってたよ
またお願いね

 

と伝えるだけで、そのヘルプにとって、そのお客様は他のお客様と違う存在になります。自分のがんばりを理解してくれた、認めてくれたと感じるからです。

もちろん、そこには下心も湧くでしょう。次回来店時の指名を狙っていたり、同伴やイベントノルマ達成のためにがんばるのかもしれません。

でも、そのためだけにがんばるヘルプとは、確実に言動が異なるはずです。

自分を認めてくれた人(お客様はもちろんあなたも含めて)のために、がんばりたい。それが『人の心』ではないでしょうか。

これも、最終的にあなたの数字として返ってくることです。

一緒に働くスタッフへの「感謝」を表す行動と結果例

たとえば、付け回しと呼ばれるリストに対して、

 

あのお客様に回してくれてありがとう
相性ドンピシャでした
これからもよろしくお願いします

 

と言ったら、きっとそのスタッフは喜ぶでしょう。

それだけでなく、人間は高く評価してもらった人間に対して、その評価に報いようとするはずです。同時に、「評価を下げたくない」とがんばります。

また、あなた自身も、自分の得意なお客様を認識させることで、

  • 得意ジャンルのお席に着けてもらえる
  • 他のホステスより早く大きく結果が出る
  • 他のホステスには言わない情報やアドバイスをくれる

という結果を得られるかもしれません。

「感謝」は売れるホステスの共通マインド

理想の人間関係は、お互いに感謝し合える関係だと思います。

感謝のピンポンラリーで構築されて発展していく関係性は、永く続く、周囲に影響されがたい関係ですよね。

お客様相手に、同僚相手に、スタッフ相手に、それをいかに構築するか。

僕が見てきた限り、売れっ子ホステスには全員この『感謝』という共通のマインドがあります。

感謝を示す=望む環境・結果を作り出せる

感謝を表現する行動だけで、これだけ有利な状況を作りだすことができます。相手の些細な感情を読み取り、感謝を表現することで、結果に大きな差が出ます。

つまり、感謝することで、

  • 相手にとって自分の存在が他の人と異なる
  • 少しだけ特別な存在になれる

のではないでしょうか。これが、実際に多くの実例を見てきた感想です。

ホステスを辞めても、違う分野で成功する人たちは、人に対する感謝の心を必ず持っています。

成功した人のすべてが惜しみなく「ありがとう」と口にします。

もちろん、感謝するだけで売れっ子になり、報酬が大きくなる、とは言いません。が、大きな要因であることは紛れもない事実です。

「ありがとう」は一言で伝わる最高の評価

あなたが他人から感謝されたら、どんな気持ちになりますか?

相手が喜んでいる様子を見たら、自分の行動や考えが肯定されたと感じませんか?またしてあげても良いと思いませんか?

帰り際のお客様からいただく「ありがとう」は、接客に携わる人間すべてにとって、最高の評価ではありませんか?

ならば、あなたもきちんと伝えるべきです。今日からでも遅くはありません。小さなことから「ありがとう」と言葉にする習慣をつけましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ダメな黒服

8,129 views

ススキノで働くキャリア35年の黒服です。移籍が多く、仕事内容は新規開店のスタッフ、経営に苦しむ店の立て直し、スカウト業務が主でした。接客に従事する方々に少し...

プロフィール

関連記事一覧