【ボーイとの恋愛はタブー】実際付き合う人はいる?罰金の危険性も!?

【ボーイとの恋愛はタブー】実際付き合う人はいる?罰金の危険性も!?
ホステスの心得

「ボーイと付き合うことってあるの?」

夜の仕事を続けていると、どうしてもお客様以外の出会いがなくなりがちです。

そのため、毎日のように顔を合わせるボーイと恋愛関係になることもめずらしくありません。

ただし、一般職であればごくありきたりな職場恋愛も、水商売ではそうはいきません。

そこで、この記事ではボーイとホステスの恋愛事情についてご紹介します!

そもそもボーイと付き合うことは「風紀違反」?

夜の世界には「風紀」と呼ばれる業界用語が存在します。

これはホステスと従業員が付き合うことを意味しており、ほぼすべてのお店で禁止されています。理由としては、

  • お客様への裏切り行為になってしまう
  • キャストのモチベーションが下がる
  • お店の空気が乱れる

などが挙げられます。水商売の中には、お客様との疑似恋愛を利用して利益を出すお店もあるため、基本的にホステスの恋愛を隠す風潮があります。

そのような状況で、付き合っている相手がボーイと知られてしまっては、お店の管理体制自体が疑われてしまいます。

また、単純にお店のルールを破っている時点で、同僚からの見え方もよくありません。

2人だけの秘密にしていれば良いと思っていても、周りとの微妙な雰囲気の差でバレることもあるため、それなりの覚悟が必要でしょう。

それでもボーイと付き合うホステスはいる

どれだけ厳しく禁止されていても、所詮は人と人であり、ボーイとホステスの恋愛は一定数存在します。

毎日顔を合わせたり、悩みを相談したりする内に恋愛関係に発展することは、自然と言えば自然です。

しかし、彼氏の前で接客することはお互いにとってストレスになったり、嫉妬の原因になりかねないため、苦労することも多いでしょう。

障害の多い恋愛を好む人にとっては問題ないかもしれませんが、

  • 近場でデートできない
  • 周りに嘘を付き続けないといけない
  • 気軽に連絡を取れない

などの制限も付きまといます。また、どれだけ純粋な恋愛でも、ルール違反には変わりはないので、バレたときのリスクも避けられません。

ボーイと付き合っていることがバレたらどうなる?

風紀がお店にバレてしまうと、当然ペナルティが課せられます。

多くのお店では「罰金制」が設けられており、50万円や100万円という法外な金額を請求されることが一般的です。

罰金は法律で禁止されているため、弁護士に相談することもできますが、あまり現実的ではありません。

また、お店によってはクビになることもあり、同じ地域では働きにくくなる可能性もあります。

風紀はペナルティ以外にも注意が必要?

ボーイと付き合うことは、クビや罰金以外にも落とし穴が存在します。それは「色管」の場合です。

色管とは「色恋管理」の略で、ボーイがホステスを管理するためにあえて恋愛関係になることです。色管の対象は、

  • ワガママなホステス
  • モチベーションが低いホステス
  • 辞めそうなホステス

などが当てはまりやすく、お店側がうまくコントロールしたい人がターゲットになります。

中には、色管でも好きな人と親密になれるなら良いと考える方もいるようですが、長い目で見れば、あまりメリットはないでしょう。

まとめ

  • ボーイとの恋愛は「風紀」としてNG!
  • 一定数は隠れて付き合う人もいる
  • バレたら罰金やクビになる危険性「大」
  • 付き合えても「色恋管理」かも

これらが、夜のお店におけるホステスとボーイの恋愛事情です。

ドラマや漫画の影響で禁じられた者同士の恋愛は美化されがちですが、夜の世界においては、このような厳しい現実があります。

風紀を破ったからといって犯罪になるわけではありませんが、勢いだけで済ませずに、リスクも考慮に入れておきましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

谷あきら

69,261 views

水商売歴6年。ボーイや客引き、スカウトを経て、現在は関西のキャバクラでマネージャーとして在職中。趣味は、ノープランの1人海外旅行。過去には、タイ旅行に出かけ...

プロフィール

関連記事一覧