努力が空回りするホステスに足りないたったひとつのこと

白い羽をつけた裸の女性たち
ホステスの心理学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

一生懸命接客してるつもりなのに
なんでお席に呼ばれないんだろう
自分なりに精一杯やってるのに
なんで担当にしてもらえないの?

 

そんなふうに思うこと、ありませんか?
実は私もそんな時期がありました。

特に23歳のころが一番
「うまくいかない」という壁に
ぶつかっていたと思います。

当時の私がつまずいていたのは、

  1. 気持ちの切り替えができない
  2. 人の助言を聞かない
  3. 完璧主義で仕事が遅い

という点でした。

今日はこのつまずきポイントと
解決法をお話しします。

気持ちの切り替えができない

ホステスが売れるためには、
気持ちの切り替えが
とても重要になります。

ネガティブな気持ちを引きずっていると
うまく接客ができなかったり
やる気が出ずに事務作業が滞ったりして
仕事に支障をきたすからです。

が、昔の私は切り替えることが
なかなかできませんでした。

私の場合は、
『失敗したときに投げやりになる』
というタイプ。

 

どうせ私にはできないんだ
玲那
玲那
やっても無駄だ
玲那
玲那

 

という考えに陥って
引きずってしまうのです。

こうなると当然仕事の質は落ちるし、
新たなミスをしやすくなります。

まさに負のループです。

私のつまずきポイントは
『優秀な人はミスをしない』
と思い込んでいたこと
でした。

改善法

まずは
『優秀な人はミスをしない』という
思い込みを手放す必要があります。

優秀な人だって、ミスをします。

むしろ、
任されている仕事や責任が大きい分、
ミスをしたときの衝撃も大きいです。

それに比べれば、
売れてないうちの失敗なんて、

本当に大したことではありません。

大事なことは
間違いを犯さないことではなく

  • ミスに対してどんな心持ちでいるか
  • ミスをしたときにどう対応するか

ということです。

ミスに対してどんな心持ちでいるか

失敗は怖いですよね。私もそうでした。

でも一番の失敗は、
ミスをすることではなく

『失敗を恐れて何もしないこと』です。

何もしなければ
確かにミスはなくなりますが、
同時に成長の機会を失って、
どんどん自信がなくなっていきます。

人間なので、ケアレスミスもします。

一生懸命であればあるほど
視野が狭まって、
やらかしてしまうことだって
あるのです。

私も、たくさんの失敗をしてきました。

よかれと思ってやったことで
お客様の顔を潰してしまい怒らせたり
勘違いでお客様との約束を破ってしまい
「二度と行くか!」と怒鳴られたり。。

でもその度に、

  • 同じ接客でも気分を害するお客様がいる
  • 「何を言っているか」にとらわれると失敗しやすい

など、
多くのことを学ぶことができました。

たとえばお客様を怒らせたとき、

 

お客様
お客様
なんだその態度は!

 

と言われたことがあります。

当時の私は『言われたこと』を
受け取って、自分が取った態度について
謝ったり、対応の改善を必死に考えたり
していました。

でもお客様が私に分かって
ほしかったことは、
『態度にムカついたこと』ではなく、

『大切にされていない』と感じて
傷付いたこと

だったんです。

『何を言っているか』にとらわれると
「何を分かってほしいのか」に気付けず
お詫びや改善のポイントが
ズレてしまうな、と気付きました。

これも、失敗したからこその学びです。

こうして、ひとつひとつ反省点や
改善点を考えることで、対処法を
身につけることができました。

ミスをしたからこそ、
今の私があるのです。

だからあなたもぜひ
『間違いも成長のために必要な経験』
という心持ちでいてください。

ミスをしたときにどう対応するか

失敗への対策は大切です。
でも、人間は必ずミスをします。

重要なのは
『失敗をしたときの対処法』も
可能な限り考えておくことです。

何か間違いを犯したときに
真っ先に謝るだけでも
全然違いますよね。

自分では対応できないと思ったら、
ママやお姉さんに助けを求めることも
できます。

たとえば私の場合だと、
お客様を怒らせたら『とにかく謝る』
『お客様のお話を聴く』を
徹底していました。

それでもお客様の怒りが
収まらないときは、担当のお姉さんや
ママに事情を話して、
フォローに入っていただきました。

このように、

「もし〇〇になったら
まずお詫びしよう」

「もし〇〇だったらママを呼ぼう」

など、思いつく限りの対処法を事前に
シミュレーションしておくだけで
失敗に対して心に余裕を持てますよ。

人の助言を聞かない

私の一番悪いところは
『人の助言を聞かないところ』でした。

どうしても自分のやり方・考え方に
固執して、周りからの意見を
受け入れることができなかったのです。

今考えると、

  • 自分が正しいと思っていた
  • 自分を否定されたように感じていた

この2つがもっとも大きな
つまずきポイントだったと思います。

改善法

ナンバーワンホステスを目指すならテクニックよりあり方

でも書きましたが、
素直さと謙虚さは本当に大切です。

素直さがないと、人のアドバイスを
受け入れることができません。

謙虚さがないと、
いただいたアドバイスを実行することが
できません。

どんなに努力をしていようと、成果を
出せていない時点であなたのやり方は

間違っている可能性が高いと言えます。

苦しいかもしれませんが、
『何かが間違っている』という現実を
素直に受け入れるしかありません。

ここからが本当のスタートです。

自分が正しいと思いたい気持ち、
とてもよく分かります。

だって、
一生懸命やってきたんですものね。

だけどあなたの『一生懸命』は
誰も否定していないんですよ。

「こうしたほうがもっとうまくいくよ」
「こうしたほうが失敗せずにすむよ」

と教えてくれているだけ、なんです。

私も最初は周りの意見を
聞けませんでしたが、耳を傾けて助言を
実行できるようになったら、余計な
ミスが減り、売上も上がりました。

だから、絶対に素直に聞いたほうが
いいし、謙虚に教わったほうが成果も
早く出ますよ。

完璧主義で仕事が遅い

一番苦労したのは、
完璧主義で仕事が遅いことです。

お手紙ひとつ書くにしても、
名刺のファイリングひとつにしても、
自分が満足のいく形になるまで
延々とやり続けてしまう状態でした。

だからどんどん仕事が溜まって、
最終的には何をどう片づければいいのか
混乱して分からなくなる始末。

これも『自分が正しい』という
思い込みで、自分のやり方に固執した
結果です。

解決法

仕事を教えてくれた師匠から、

 

師匠
師匠
100点を完璧だと思うな。
60点を完璧だと思え。

 

と再三言われました。

でも当時の私には、
何がどうなったら60点なのかさえも
まったくわからなかったんです。

そこで、
締め切りを設けることにしました。

たとえばお手紙なら、
『最長30分で終わらせる』
などですね。

完璧主義自体は悪いことではないし
すぐに改善できるものでもないので、

『文章を完璧に仕上げることをやめて
締め切りを完璧に守ること』

を優先するようにしました。

つまり
『完璧』の視点を変えたわけです。

そうすることで徐々に仕事のスピードも
上がり、他のことに時間を使えるように
なりました。

まとめ

私のつまずきポイントを一言で表せば、
『客観的視点が大きく欠けていたこと』
だと思います。

そしてその改善法を端的に言うならば、
『視点を変えて物事を見てみること』
です。

逆にいえば、視点を変えることさえ
できれば、大半のことは改善されると
いっても過言ではないと思います。

もしあなたが「努力しているのに成果に
つながらない」と感じているのであれば
ぜひ違う視点から物事を
見てみてください。

そのためにも
人の助言を聞くということは
とても役立つはずですよ。

「助言をくれる人がいない・・・」

などのお悩みがありましたら、
遠慮なくご相談ください。

丁寧にヒアリングして
真剣に回答します。

⇒ご質問やご相談はこちら

マンツーセッション

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,920 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧