挫折や燃え尽き症候群に陥る人の特徴

挫折や燃え尽き症候群に陥る人の特徴
ホステスの心理学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスにも、志半ばで挫折する人や燃え尽きてしまう人が大勢います。

売れる可能性をどれだけ秘めていても、仕事からの満足感が得られないでいると、不満や無力感を抱くようになるのですね。

これを『燃え尽き症候群』と言います。

根性論で成功する人、根性論では心折れる人』でも書いたように、根性論で結果を出せるのは、一部の人だけです。

それでもなお、根性論で結果を出そうとするあなたに、私からひとつ、いいことを教えてあげます。

苦労して成功した人の言葉を真に受けて、「プラス思考でがんばる!」なんて考えは、まったくおすすめできません。

普通の人は、どこかのタイミングで挫折するか、燃え尽き症候群になりますよ。これが「心が折れる」ということですから。

No Data id=900

あなたは「淡々と自然体」で行動できていますか?

ここで、あなたに質問です。あなたは、『ストレスなく淡々と自然体』で行動できていますか?

もし、あなたの答えが「Yes」なら、問題はひとつクリアです。あなたの答えが「No」なら、要注意です。その仕事に取り掛かろうとするとき、

  • モチベーションを上げないと動けない
  • 意志力に頼らないと行動できない

という状態に陥っているのであれば、「かなりヤバい」と言っても過言ではありません。

挫折や燃え尽き症候群に陥る人の特徴

もしもあなたが『行動する際に強いストレスがある』という状態なら、残念ながら途中で挫折するでしょう。

あるいは、成功までの小さな目標を1つクリアした瞬間に、燃え尽き症候群になってしまうでしょう。たとえば売上100万円を達成したときに、

 

もうこれ以上がんばってもあまり意味がないかもしれない
何のために私はがんばるんだろう

と、急にやる気が落ちてしまうのですね。私がおすすめしたいのは、そういった燃え尽きや挫折を起こすような、根性論の働き方ではありません。

「働かなければならないから働く」という義務で動くのではなく、「働きたいから働く」という状態で、結果を出してほしいのです。

私も、働きたいから働いてます。

自己犠牲で行動しても楽にはなりません

自分のことが大嫌いで、自己犠牲と自責が大好物な人ほど、

  • この山を越えたら楽になる
  • 今ある借金を返済したら楽になる
  • 年商○○円になったら楽になる

といったことを口にしますが、断言します。あなたは、いつまでたっても、楽にはなりません。なれません。

今あなたが自然体でホステス業をできていないのであれば、その山を越えても、借金がなくなっても、年商達成しても、精神状態は今と変わりません。

なぜかというと、あなたの価値観や考え方に「苦労すれば報われる」という脚本ができ上がっているからです。心理学で言うところの、人生脚本ですね。

苦労して自分を追い込んで責めて、自己犠牲している人は、仮に苦労が報われても次の苦労に自ら突っ込んでいきます。

その価値観のままでは、苦労し続ける人生です。

まとめ

  • 自然体で行動できることが重要
  • 根性論では挫折・燃え尽きが起こる
  • 自己犠牲で乗り越えても楽になる日は来ない

いろいろ書きましたが、本サイトを読んだところで、『あなたの人生は微塵も変わらない』ということは、分かっています。

文章を読んだだけでは無理ですし、人の価値観や人生脚本を変えるというのは、そうそう安易なものではありません。

生まれてから今日までずっと、その価値観で生きているわけですから。もしカンタンなら、2千円程度の本を1冊読んだだけで変わってますよ。

だからこそ、コンサルでは、価値観や人生脚本を変えられる環境・方法を提供しています。

『たった1ヶ月で劇的に変化する』なんて期待してると挫折しますので、注意してください。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,056,269 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧