本当に綺麗なホステスになるために必要なこと

本当に綺麗なホステスになるために必要なこと
ホステスの心得|OPEN

綺麗なホステスと聞いて、パッと思い浮かべるのはどんなホステスでしょうか。きっとほとんどの人がイメージするのは、顔が綺麗でスタイルのいい人だと思います。

ですが実際にホステスとして働いてみると、本当にいつまでも綺麗に見えるホステスは顔が綺麗なだけではありません。では本当に綺麗なホステスになるためにはどんなことが必要になるのか紹介します。

 

綺麗な言葉遣いを徹底する

誰が見ても本当に美しいと思う人のほとんどは、綺麗な言葉遣いをしています。これはホステスでない場合でも言えることですが、言葉遣いには人柄が出るとも言われるくらい言葉の影響力は大きいです。

そのため、本当に綺麗なホステスになることを目指しているのであれば、まずは言葉遣いを普段から意識して、綺麗な言葉を使うように心がけてみてください。簡単にできることのように思いますが、意外と難しいことです。

でも綺麗な言葉遣いは一生の武器になりますので、必ず習得するようにしましょう。

 

自分の仕草を意識する

綺麗なホステスの方に共通して言えることが、仕草が綺麗だということです。

例えばグラスを持つ手ひとつにしても、仕草を意識して持っている人とそうでない人とでは雰囲気が全然違います。不思議と同じことをしていても、仕草が少し違うだけでその人自身の印象も大きく変わってくるものなのです。

仕草を意識しても、それが人に伝わるのには多少時間がかかるかもしれません。ですが少しずつでも変えていくことで、意識しなくても体が覚えるようになり、自然に美しい仕草が身につくようになります。

なので日々、自分の仕草を意識して接客するようにしてみてください。

 

悪口を言わない

ホステスといえば悪口はつきものと思う人も多いのではないでしょうか。確かに夜の仕事をするとなると、会話が仕事になる分人の悪口が飛び交うことも多くなるのが現実です。

お客様が愚痴を言いたい時はそれを聞いてあげることが大切ですし、共感することも大事です。

でも、綺麗なホステスは自ら人の悪口をべらべら話したりはしません。悪口を言って最終的に得をする人がいないことがわかっているからです。それに、悪口ばかり言っている人を見ても魅力的だと感じる人はいないです。

ですので、綺麗なホステスになりたいのなら内面も綺麗になるように、人の悪口は最小限に抑えるようにしましょう。

 

まとめ

  • 綺麗な言葉遣いを徹底する
  • 自分の仕草を意識する
  • 悪口を言わない

 

今の時代、顔だけなら整形やメイクなどで綺麗になることは可能です。でも本当に綺麗で魅力的なホステスになりたいのなら、日頃の行動を意識して変えていく必要があります。

一見簡単なことに見えますが、実際にはできていない人がほどんどなので、これらを身につけたら大きな武器になることは間違いありません。本当に綺麗なホステスになれるよう、自分磨きを頑張りましょう。

 

 

関連記事一覧