ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること

ホステスの会話のコツは「質問力」を高めること
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー
秋好玲那です。→目次はこちら^^

正直に告白します。

売れないころの私の会話は、
『クソ』でした。

下品な言葉です、でも事実なんです。

それ以外に表現のしようがないほど、
レベルが低かったのです。

 

玲那
玲那
仕事帰りですかー?
何件目ですかー?
玲那
玲那
玲那
玲那
結構飲んだんですかー?
何食べてきたんですかー?
玲那
玲那

 

こんな、しょーもないことばかり
お客様に聞いていました。

当然、盛り上がるわけもなく。

「ああ・・・」「うん・・・」という
お客様の返事とともに、
スンッとした空気になっていきました。

きっと、あのころの私と同じ状態の
ホステスさんが大勢いると思うのです。

そこで、基本的な会話のコツとして、
また、過去の私への戒めとして、

『質問力の高め方』

についてお話しします。

会話がクソになるのは質問力が低いから

会話下手なホステスさんは、

「共通の話題がないから
盛り上がらない」

と思い込んでいます。

少なくとも、
私はそう思い込んでいました。

が、大きな間違いです。

多様な価値観が入り混じる場所で共通の
話題なんて、そうそうありません。

会話がクソになる最大の理由は、
私の『質問力』が低かったからです。

「聞き上手は話し上手」を勘違いしているホステス多数

「聞き上手は話し上手」
とよく言いますが、これを勘違いして
いるホステスさんが大勢います。

 

相手のお話を遮らず、「フンフン」
「へー!」「そうなんだ!」と
相槌を打ちながら聞いている

聞き上手

 

と思っていませんか?
それは「相槌上手」です。

これはこれで、
とっても重要なことなんですよ。

相槌のタイミングが悪かったり、
気のない相槌を打ったりすると、
話しづらくなってしまいますからね。

ただ、ホステスが「相槌上手」で
終わるわけにはいかない
のです。

ほとんどのホステスは質問をしない!

実は、ほとんどのホステスは
会話上でお客様に質問をしません。

過去の自分を振り返っても、
お客様に一切質問していませんでした。

こう言うと「え?してますけど?」と
なると思います。

私も「質問しているつもり」でした。

でも、違うんです。

ここで言う質問とは、
あなたが想定している「趣味は?」とか
「何が好き?」とかいうことではなく、

『会話を深めるための質問』

のことです。

これを、ほとんどのホステスはしない、
ということ。大半の会話は、

  • へー
  • ふーん
  • すごいですねー
  • そうなんですねー

という場つなぎの相槌で流れてしまい、
そのホステスが話しやすいポイントに
ズレていきます。

【超基本】ホステスに必要な「質問力」とは

質問力とは
「分からないことを問いただす力」。

学校と違って必ずしも答え(正解)は
1つではないので、自分が得たい回答を
引き出すためには自分が質問力を
磨かなくてはならないのです。

売れないホステスさんはこれが分からず
的確に答えてくれない相手が悪いと
人のせいにしますが、違います。

あなた自身が

『ほしい答えを得られるよう
 質問を工夫しないから』

です。

もっと言えば、
そもそも『ほしい答え』が
ないのかもしれません。

そこまでお客様に興味を持っていない、
沈黙がこわくてあれこれ質問をする、
というホステスさんも多いはず。

何を隠そう、私がそうだったから。

だから、『今すぐ目の前のお客様に
興味を持て』とは言いません。

せめて、質問力として基本的な

  • クローズドクエスチョン
  • オープンクエスチョン

この2つだけは使いこなせるように
しておきましょう。

クローズド・クエスチョン

クローズド・クエスチョンとは
「Yes/No」で答えられる、
またはすぐ回答できる質問のことで、

  • 結婚してるの?
  • 仕事帰り?
  • 食べ物何が好き?

などがこれに当てはまり、
基本的には場を温めたり、
話を展開させたりする場合に使います。

会話下手なホステスさんの質問は
クローズド・クエスチョンが多い上、
恐ろしいことに、

『質問を投げれば、あとは相槌を打って
 共感を示すだけで勝手に相手が
 しゃべってくれる』

と思い込んでいるので、自分の質問に
違和感も抱くことすらなく『勝手に
しゃべってくれない相手』と遭遇すると
見当違いな方向へ暴走します。

クローズド・クエスチョンばかり使って
話すホステスは、考える力が著しく低下
しているため、仕事にも人間関係にも
大きな支障をきたします。

オープン・クエスチョン

オープン・クエスチョンとは幅広い
回答ができる、または人によって異なる
回答を引き出せる質問のことで、

  • どうしてそう思ったの?
  • なぜそうしたいの?
  • どこが好きなの?

などが当てはまり、これを使うことで、
相手や会話の内容などの理解度が
深まります。

売れっ子ホステスは、

  • オープン・クエスチョン
  • クローズド・クエスチョン

を場に応じて使い分けながら、
会話をコントロールしているわけです。

また、プロフィール的なことを聞かれて
自分を知ってもらうよりも、なぜそう
思うのかなどの自分の価値観に興味を
持ってもらうほうが人は喜びます。

あなただって「稼ぎたい!」を知って
もらっただけの状態より、

  • なぜ稼ぎたいのか
  • どう稼ぎたいのか

に興味を持って理解を示して
もらうほうが嬉しいでしょ?

今日からできる質問力を高める方法

「質問力を高める」ということは、
得たい答えを得られるよう問いただす
力をつけるということです。

質問力とは、ホステスにとっては、

『お客様が話したいことを
 引き出すための力』

となります。

もちろんクローズド・クエスチョンと
合わせて使いこなすことが理想ですが、
まずはオープン・クエスチョンを意識
して会話をすることから始めましょう。

質問力を高めることでホステスが得られるメリット

上手にお話を引き出せるようになると、

  • 自分自身の知識や教養、価値観が広がる
  • 相手に好印象を与え、人間関係がよくなる

というメリットがあります。

会話にはコミュニケーションと
問題解決の2パターンがありますが、
お客様との会話はコミュニケーションを
目的に行われます。

コミュニケーションを目的とするならば
クローズよりオープンな質問を増やした
ほうが圧倒的にお互いの理解や関係性は
深まります。

人は自分に興味を持ってくれる人を
好きになる傾向を持っているので、
人間関係が良くなるのは
当然の流れですよね。

つまり、あなたが
売れっ子ホステスになるためには、
質問力は欠かせないのです。

質問力を高めるために今すぐできること

とはいえ、短絡的に質問ばかりして
いれば、不快感を与えたり尋問のように
なってしまったりします。

そこで、実践に入る前に、
まずは感じてみましょう。

あなたの周りで、

  • 『なぜかこの人にはいろいろ話してしまうな』と思う人
  • 『なぜかこの人がいるとお客様がよくしゃべるな』という人

を思い浮かべてみてください。

その人とあなたを比べて、
何が違うのか、その人はどんな質問を
しているか、書き出してみましょう。

定期的に見直して、
すぐ実践できることをどんどん真似て、
日常に取り入れてください。

最初はできなくてあたりまえなので、
心折れず手応えを実感できるまで、
ひたすらやりましょう。

まとめ

ホステスの会話のコツは、

  • オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンを使い分ける
  • ホステスの質問力=お客様が話したいことを引き出す力
  • 身近にいる質問上手さんを研究して真似る

です。

実践とメモを継続しながら、
ときどき方向性が間違っていないか
振り返って確認し、ズレているところを
修正することも大事ですね。

手応えを実感できた後からが、自分の
スキルとして身についていく段階です。

ひとつのことを無意識レベルで習慣化
するには、最低でも毎日やって3週間
かかると言われています。

地味だけど続ければ、お客様の反応が
変わってくるはずですよ。

ナンバーワン証言「思わず話したくなる会話」の極意

も合わせて読んでみてくださいね。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

218,782 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧