お名刺をいただけないとき、いただけない理由

お名刺をいただけないとき、いただけない理由
ホステスの接客

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

本日は【名刺をいただけなかったとき】の話なんですが。その前に1つだけ、心構えを持っておくことです。

 

もらえなくても落ち込む必要ナシ!!

 

確かに名刺をいただくことは重要で、大切なものではあります。

でも、それに気を取られて肝心な接客が台無し・・・という状態になっては、名刺どころの話ではありません。

名刺をいただくことが仕事、ではありません。お客様を接客することがあなたの仕事ですから、忘れずに!!

名刺を出したがらないお客様には、大雑把に分けて3通りあります。

プライベートな時間に名刺を出したくない派のお客様。こういうタイプの人には、別のアプローチ方法が必要です。

営業されたくないから出したくない派のお客様。営業せずに来ていただけるようになればいい、ということです。

あなたに興味がないので出したくない派のお客様。だったら、興味を持っていただけばいい、ということです。

とは言うものの、「それが難しいから悩んでるんだよ!」・・・って感じだと思いますので、それはまた別の機会にお話しします。

いずれにせよ、初対面で名刺をいただけなかったからと言って、落ち込む必要はありません。

いただけなかった際に重要な『やるべきこと』は、「また来よう」と思っていただけるよう、接客に全力を尽くすこと。

お名刺をいただけたって、その後の接客が悪ければ、結果は同じこと。足を運んでいただければ、名刺をいただけるチャンスはまたあります。

そこにばかりとらわれていると、「営業するために名刺が欲しいだけだろ」・・・で終わってしまいます。

お名刺は、営業をするためのツールではあります。が、営業のためにいただくのではない。『お客様のことを知るため』に、いただくのです。

あなたも、名刺を受け取ってもらえなかったら落ち込むでしょ?私に関心ないんだわ・・・って、思いっきり凹むでしょ?

お客様も同じです、内心はこう思ってます。

 

お客様
お客様
オレに興味があるんじゃなくて、オレの財布に興味があるんだろ

 

飲み慣れた人ほど断られる率は高くなります。勧誘を断るのが面倒、ごめんねと謝る理不尽さがムカつくからです。

あなたの接客に心がなければ、お客様は動かないのです。お名刺については、以下記事も参考にしてくださいね!

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,548 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧