お客様が喜ぶ褒め方~新人ホステスが知っておきたいさりげなく褒める方法

お客様が喜ぶ褒め方~新人ホステスが知っておきたいさりげなく褒める方法
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

コミュニケーションに悩むホステスは、少なくありません。ホステスでも人見知りだという人は、意外に多くいるものです。

お客様に話しかけたものの、そこから話が続かない、どう話を発展させればいいのか分からないのです。

もちろん初対面のお客様であれば、どんな方かも分からないので、共通の話を切り出すこともできません。

何を話せばいいのか分からず、気まずい雰囲気になるくらいであれば、まずは「褒める」技術を持ちましょう。

ただし、場に馴染まない褒め方をすると、反感を持たれてしまうこともあります。スマートに褒める技術を身につけたいですね。

お客様が喜ばれる褒め方の基本~「見えているところを褒める」ことから

ホステスがお客様を上手に褒めることができれば、お客様との距離をグッと縮められます。

そう考えてみれば、接客でのトーク技術において「褒め」は、とても重要な要素であるといえます。

ただし、間違った褒め方をしてしまうと、「自分のことなんか何もしらないくせに」としらけさせてしまうので、要注意です。

お客様に一歩近づくためには「見えているところを褒める」

「褒める」という行為は、その場の雰囲気を温かくするものです。基本的に、褒められて嫌な気分になるお客様は、いないでしょう。

初対面のお客様の場合などで、お客様のことを褒めるのであれば、見えている部分を褒めるようにします。

 

素敵なネクタイですね!
カッコいいシャツですね!
オシャレなハンカチですね!

 

このようにサラッと褒めてくれると、

 

そうかな?
妻が持たせてくれてね
先週買ったばかりなんだよ

 

と、リラックスして応えてくれるのではないでしょうか。あまり難しく考えずに、お客様をよく観察していれば、褒めどころを見つけられるはずですよ。

ただし、

 

会社の社長は立派ですね

 

といった褒め方は、受け取り方によっては褒めではなく、ゴマすりやお世辞、場合によっては、イヤミに聞こえることがあります。

あくまで、見えているところを褒めることからスタートしましょう。

褒める内容にこだわるよりも褒める行為にこだわる

「褒める行為」は、場の雰囲気を温かくすることができると言いましたが、

  • 褒めてくれるのであれば悪く思っていない
  • いやむしろ好意を持ってくれている

と、感じることができるからです。「オシャレなネクタイですね」と言われて機嫌を損ねるようなお客様は、そうそういないでしょう。

つまり、褒める内容はとりとめのないもので良いといえます。それほど内容にこだわる必要はありません。

内容にこだわって、ホステスの価値観を押し付けるような褒め方をするほうが、問題です。「褒める」行為は、お客様を受け入れる行為になります。

だから、そこにはホステスの価値観は必要にはなりません。そのため、ゴマをするようなことやお世辞を並べ立てるようなことではなく、

『あくまで、褒める行為にこだわる!』

ということが大切なのです。

「褒め」に聞こえるトーク術~ホステスが知っておきたいサラッとキレイに褒める方法

何も「ゴマすり」や「お世辞」をいう必要はありませんが、それでも受け入れ難いセンスのお客様もいるかもしれません。

ただし、センスというものは「価値観」。ホステスの価値観を押し付けるようなことは、言わないようにしましょう。

 

「オシャレ」だと思えないネクタイに「オシャレ」だと言っていいのか

 

と思ってしまうのも、これは無理もない話ですね。このような場合には、ネガティブに聞こえなければ大丈夫です。

 

そのネクタイ、斬新な柄ですね
個性的な柄ですね、どこで買ったのですか?
今、流行りの柄ですね!

 

お世辞を言っているわけではなく、あくまで『お客様が身につけているもの』に興味を持っていることが理解できますよね。

お客様も、自分に好意を持ってくれていると、悪い気は持たれないはずです。お客様の心に寄り添えるような褒め言葉を伝えてくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

520,945 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧