コロナによるホステスたちの変化

2020年4月10日

コロナによるホステスたちの変化

© ホステスの心得

こんにちは。
ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。

目次はこちら

このサイトでは意図的に時事ネタには
触れないよう運営しているのですが。

コロナの影響、甚大ですね。

職業柄どうしても「3つの密」に
当てはまってしまうという点もですが
様々な意味で不安だろうと思います。

個人的には稀に見聞きする

「ホステスは税金を払ってないんだから
そこに税金を使うのは納得いかない」

という世間の声にときどき無性に
イラっとします。

現役時代から今日まで散々高い税金を
払ってきてこの言われよう・・・( ̄-  ̄ ) ンー

私自身は救済措置はいらないですが

「ホステス=税金を払ってない」
と断言される所以はないぞ!

という点がイラッとポイントです。

私のクライアントさんたちも
きちんと申告して納税してますからね。

十把一絡げにしないでいただきたいです。

多くのホステスが払ってないことも
重々承知してますけども
もはやそれはその人自身の問題かと。

どの業種でも無申告で税金払わないヤツは
まともではないです。

REINA
そしてこれを書いている最中
税理士から連絡が入り
今年の所得税額を見て
さらにイラッとしました(笑)

 

ホステスさん達の相談内容の変化

ここ1ヶ月、世情に合わせて相談内容も
驚くほど変化しました。

売れないホステスさん達は切実に
生活や収入に対する不安が一番ですね。

コロナを機にホステス業を引退する人、
アルバイトに切り替えて本業を持つ人、
副業を考える人、いろいろです。

参考
銀座ホステスはコロナでどうなった?
銀座ホステスはコロナでどうなった?

銀座ホステスのリアル。

続きを見る

病んだホステスさん達はコロナを機に
さらに病んでいます(笑)

売れっ子ホステス達はお客様のフォローや
自粛中・自粛明けの業務をどう組むか、
どれだけの顧客離れが起きるか、
この期間にできることは何か、
といったことへの対策が多かったです。

オーナーママ達はもっと切実ですね。

いつからいつまで自粛をするのか、
1人当たりいくらの休業補償を出すか、
いつまで長引くと破綻するか、といった
実質的な数値の話がメインでした。

私自身もここまでの事態は経験がないので
判断に悩むことがたくさんありました。

オリンピックが終わったら
この業界は激変するな・・・とは思っていたし
その予兆はもう何年も前からありましたが
まさかこんな形で激変するとは。

予想外の出来事である反面、
いよいよきたか・・・という気持ちもあります。

 

あるお客様から見た「コロナウイルス」

そんな最中、現役時代のお客様が心配して
電話をくれました。

幸いにもそのお客様自身はあまり影響を
受けない業種なので落ち着いていましたが
倒産寸前の会社も周りに多いそうで
少し滅入っておられました。

そういった心の内を話してくれる中で
こんなことを言っていました。

このウイルスは人間の良心や器、人格を問うものだと俺は思っていて。

緊急事態には、その人の本質が見える。

日ごろ何を考えて、何に重きを置いて、何を大事にして、どういう価値観で生きてるのか、全部露呈する。

その上で自分がどうありたいのか、これからどう生きていきたいのか、何が一番大切なのかを問われてるような気がする。

うーん、いいこと言うわあ、
さすが私のお客様(←え?w)

冗談はさておき、
本当にそうだなと思いました。

 

改めてホステス達を見ると・・・

上記のお客様の言葉を受け、
改めて周りにいるホステス達を見ると。

『本当にその通り』なのですよね。

具体的な相談自体は確かに変化したものの
コア部分は特に変わってない。

日ごろからお金お金と言ってる子は
やっぱりお金お金と騒いでる。

日ごろから目先の気分で動く子は
やっぱり気分に振り回されてる。

日ごろから自分本位な思考の子は
やっぱりこんなときも自分本位。

日ごろから周りのことを考えてる子は
やっぱり周りの人を気遣ってる。

異常事態なので
すべてがイレギュラーに見えるだけで
実はその人の言動はデフォルト。

もともとそういう人(私も含め)で
それが色濃く出るだけなんですよね。

セッション中のホステスさん達には

REINA
自粛中も生活リズムを壊さず
可能な限り日常サイクルを保って
時間がある今こそできる業務や
勉強をして未来に備えるように

と伝えて取り組んでもらっています。

大半のホステスさんは不安ながらも
日々の中で上手にガス抜きしながら
冷静に実行してくれているので
私自身も安心しています。

 

まとめ

  • 具体的な相談内容は一変した
  • その人のコアな価値観が露呈する
  • 根柢の部分は特に何も変わってない

 

あくまでも上記は私の意見です。

大きく外れたことは言ってないつもり、
ですが感情・論理ともに賛否両論の事態。

事実だけを見て、
今できることに意識を切り替えて、
今できることをやっていくしかないです。

ホステスは、個人事業主ですから。

大なり小なり
その恩恵も受けてきたはずです。

稼げる可能性があるということは
同じだけ損失の可能性もあるということ。

稼ぎたいと思っているホステスさんは
リスクを経験として学ぶ良い機会と捉えて
今後のリスクヘッジに繋げてください。

でもその前に。

あなたやあなたの大切な人が
感染で危機に晒されませんよう
切に願っています。

 

 

傘とお金

ホステスの心得座学

【猛毒注意報】楽して稼ぎたいホステスは永久に稼げない

これまで、たくさんの相談を受けてきました。いろんな相談がありますが、売上に関して『これは売れないな』と感じる質問がいくつかあります。今すぐお客様を来店させるにはどうしたらいいですかぁー どうしたら...

見てみる?

MTCコース

成功したければこういう人との付き合いをやめましょう。

人生が変わります。

見てみる?

高級クラブの面接に落ちた私はミニクラブでがんばるべきか

売れっ子ホステスの心得

高級クラブの面接に落ちた私はミニクラブでがんばるべきか

今回は「一店舗目の重要性」について。

見てみる?

売れないホステスは思考パターンを変えると結果が出る

売れっ子ホステスの心得

売れないホステスは思考パターンを変えると結果が出る

また自己啓発って言われちゃうw

見てみる?

【猛毒注意報】「マメなホステス」と「マメに連絡」はまったく違います

ホステスの営業について

【猛毒注意報】「マメなホステス」と「マメに連絡」はまったく違います

マメ営なんか、絶対に嫌です(笑)

見てみる?

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

-ホステスの心得|OPEN
-, , , , , , , , ,

Copyright© ホステスの心得 , 2020 All Rights Reserved.