共感・同調・受容肯定・境界を使い分けられるホステスは売れる

共感・同調・受容肯定・境界を使い分けられるホステスは売れる
MTCコース

ホステス専門アドバイザーの秋好玲那です。

あなたは『共感』『同調』『受容肯定』を使い分けられていますか?他者との境界線は引けているでしょうか。売れないホステスは、

  1. 共感
  2. 同調
  3. 受容
  4. 肯定
  5. 境界

この5つの使い分けができません。共感したつもり、同調したつもり、受容したつもり、肯定したつもり、境界線を引いたつもり・・・というように「つもり」なだけで、実は全然違うことをしているホステスが多いのです。

そのままでいると、ちょっとしたことで誤解を生んだり、相手を怒らせてしまったり、あなた自身が無駄に傷ついて心が疲弊したりといった弊害が生じます。でも、使い分けるって難しいですよね。

そもそも論として、これらの違いを明確に理解していないと、使い分けることができませんよね。そこで今回は『共感』『同調』『受容』『肯定』『境界』の基本をしっかりと理解して、シミュレーション習慣をつけましょう。

あなたがもし、

  • 共感しているつもりで自分のことを話しすぎる
  • 「へー」「ふうん」「そうなんだ」という返事が多い
  • 自分の価値観以外は受け入れられない、傷付く
  • 相手を否定してしまうor自分が否定されたと感じやすい
  • 人の悩みや苦しさを自分事のように感じて心が沈んでしまう

このどれかに当てはまるなら、本記事はお役に立てると思うので、ぜひ読み進めてください。

ここから先は有料コンテンツです

色恋・アフター・飲酒オールNG!でも愛される『ホステスの心得座学』

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

164,700 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧